So-net無料ブログ作成
検索選択

「サザエさんとエプロンおばさん」 [映画]

sazaesantoapronobasan.jpg
〔1960年/日本〕


タラちゃんのお誕生日を控え、
礒野家・フグタ家は、お祝いの準備に忙しいというのに、
大阪に出張の行ったきり、
帰ってこないマスオさん。


サザエさんは、
タラちゃんを預け、
大阪へ向かった。


マスオさんは、会社の支店新築の件で
奔走していたが、
一軒だけ、立ち退きを承知しない家があり、
困っているという。


サザエさんが問題の家に赴くと、
そこは、
「エプロンおばさん(三益愛子)」の異名をとる女性が、
経営する下宿屋だった。


サザエさんは、素性を隠し、
女中として働くことにするのだが・・・。





シリーズ9作目。


今までも、このシリーズの、
ポスターの江利チエミさんの表情は
とても面白い物が多かったけど、
本作のを見た時は、
声を上げて笑ってしまった。


本当に凄い顔をしている(笑)。
江利さんにこんな表情をさせる「エプロンおばさん」って、
どんだけ嫌な人間なんだろうと思って
観始めたのだけれど、


何という事だろう。
真っ当も、真っ当、
真っ当すぎて、
「こんな女性になりたい」と思ったくらい、
常識人。


「エプロンおばさん」が長年経営する下宿屋からは、
各界の著名人が輩出され、
ノーベル賞を獲った人までいるという。


おばさんはそれを誇りに思い、
経営が苦しくても、
食事の内容をダウンさせることもなければ、
お金のない下宿人には、
家賃を待ってやったりもする、
とても穏やかで優しい人だ。


しかも、下宿屋の建物のレトロな感じったら、
今見ると、本当に素敵で、
マスオさんの会社の新社屋のために、
取り壊すなんて、
あとになって、絶対後悔しますよ、と
言いたくなった。
私にお金があったら、
買い取って、住みたいくらい。


本作に出てくる、
三人の中年女性、
お母さん役の、清川虹子さん(48歳)
伯母さん役の、浪花千栄子さん(53歳)
エプロンおばさんの、三益愛子さんは(50歳)


本当に、昔ながらの「お母さん」といった感じで、
いいなぁ、と思う。


今、同じくらいの年代のタレントさんといったら、
聖子さん、キョンキョンあたり?と考えると、
昔の女性の落ち着きに驚く。


今までのサザエさんで、
一番好きかも。


評価 ★★★☆☆

nice!(57)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 57

コメント 6

green_blue_sky

お母さん役の、清川虹子さん(48歳)
伯母さん役の、浪花千栄子さん(53歳)
エプロンおばさんの、三益愛子さんは(50歳)
・・・今だといません、個性もあり、素敵なお母さんですね。
3人とも懐かしい(^_^;)
by green_blue_sky (2017-02-22 15:00) 

裏・市長

あー!このポスターの芸人さん知ってる!!。

確か・・・ザブ・・・なんとかいう人だ!。

「くやしいですっっ!!!」っていう人ね。

映画にも出てるのか!知らんかった。
意外と芸達者やな。

清川虹子さん(48歳)。
これ、ちょっと想像つかないな。
あの人って、生まれた時からおばあさんの
イメージやで。あの人に青春時代はない。

セーラー服なんか着たらアカン。通報する。
もちろんレースクイーンなハイレグもアカン。
こちらがショックで即死する。
あの人は、割烹着限定でお願いしたい。

それほどに永遠のおばあさん。


ついに第9作。
サザエさんシリーズ全10作完全制覇まで、王手やな!。
ぜひ、この勢いで突き進んで頂きたい。

ここまで来て、第10作だけがフィルムが現存しません。
・・・なんて言われたら、3日ぐらい寝込みそう。
それほど青山さんの映画における全作達成欲は
すさまじい、すばらしい・・・。

by 裏・市長 (2017-02-22 21:46) 

向日葵

母の世代以上の方々、って、本当に「大人」だったなぁぁ。。
としみじみ。。

翻って我が身の幼さ、稚拙さに恥ずかしいことしきり・・!!
by 向日葵 (2017-02-22 22:00) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます

本当に、最近は、
こういったお母さんお母さんした女優さんはいませんね。
こういった女優さんたちが演じる、
昭和のホームドラマを、また観てみたいです。


by 青山実花 (2017-02-24 22:39) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

あ、言われてみれば、
こんなお顔の芸人さん、いますね。
私も、あまり詳しくないのですが、
ザブングル?ですよね。


裏・市長さん、
清川虹子さんを、最初からおばあさんなんて言っては
失礼ですわよ。
清川さんは、お若い頃、
マーロン・ブランドに惚れられたそうで、
青春も青春、アメリカの大スターと恋愛していたのよ。
羨ましいったら、ありゃしないのよ。

http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2013-08-19
4年ほど前に、その事に触れているので、
読んでみてちょうだいよ。
マーロンは、京マチ子さんが目の前にいるのに、
清川さんを選んだのよ。
本当に人の好みはそれぞれだわね。


これを書いている、今、もう既に、
10作全てを制覇いたしております。
それは、このシリーズのDVDを貸してくださった、
私のお友達のおかげなのです。
本当にありがたく、嬉しく思っています。
裏・市長さんからも、お礼を言ってほしいくらいです。

by 青山実花 (2017-02-24 22:41) 

青山実花

向日葵さん
コメントありがとうございます

私も、おそらく永遠に大人になり切れないまま、
人生を終える事でしょう。
どうすればきちんとした大人になれるのか、
大人学校があるなら、入学したいくらいです。

by 青山実花 (2017-02-24 22:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。