So-net無料ブログ作成

「サザエさんの赤ちゃん誕生」 [映画]

sazaesannoakachantanjou.jpg
〔1960年/日本〕


サザエさんに赤ちゃんができ、
出産を控えて、
入院する事になった。


マスオさん(小泉博)も、
お父さん(藤原釜足)も、
お母さん(清川虹子)も、
落ち着かないったらありゃしない。
いつ産まれるのかと、ヤキモキして、
何も手に付かない。


やっと産まれた。
男の子だ。
名前を決めるのも一騒動だが、
タラオに決定。


赤ちゃんを育てるのは、
思いのほか大変で、
サザエさんは、タラオにかかりきり。
マスオは、自分の事を放っておかれて、
不機嫌に。


お母さんが、
「タラちゃんは預かるから、温泉にでも行きなさい」と
送り出してくれたのだが・・・。





シリーズ8作目。


産まれた産まれた。
「赤ちゃんはまだか」とせっつかれていた、
サザエさんに、
やっとタラちゃんが産まれた。


それにしても、
何もかもが今の時代と違っている事に驚く。


まず、タラちゃんが産まれたと連絡を受けた時の
マスオさんのセリフにビックリよ。
マスオさんは、
「産まれた子は、まさか○○じゃないでしょうね」と、のたまう。
(※○○に入る言葉はご自由に想像して下さい。私にはとても書けません)


ヤクザ映画ならともかく、
ファミリー物で今こんなセリフがあったら、
どんだけ叩かれるか分からない。


それから、
子育てを巡っての、
お母さんとサザエさんの言い争い。
最近、世間では、
嫁と姑の諍いより、
娘と実母の確執の方が問題視されるようになってきているけど、
その元祖みたいな場面。


私は、このシリーズの清川虹子さん扮するお母さんが
大大大好きだけど、
これはお母さんが良くない。
そんなもん、放っておけばいいじゃん。
子育てに限らず、どんな事でも、
下手に娘のやり方に口を出して拗れると、
後々まで、2人の関係に支障をきたす事になるよ。


仲人のおっさんが、
自分が決めた名前を付けろと、
半ば強制的に言うのにも、うんざり。
なんて図々しいんだ。
私は、何かを干渉されるのが嫌いだ。
誰かが、自分の力を利用して、
相手に断れない状況を作る事は、特に嫌いだ。


それから、
マスオさんの態度が、
恋愛時代より、冷たくなっているのが気になる。


映画とは関係ないけど、
アニメで、敬語しか使わない、
私の嫌いなタラちゃん。
ちなみに、古い「サザエさん」のアニメを今見ると、
タラちゃんはめちゃくちゃ毒を吐いていて、
超私好み(笑)。


いつから、あんな気持ちの悪い子にキャラ設定されてしまったのか。
視聴者から、
「幼い子供が大人に楯突くなんて」と苦情が来た結果なのだろうか。
だからって何でもかんでも、視聴者におもねり過ぎ。
人を差別したり、見下したりしていない限り、
アニメなんて、もっと自由でいいのに。


評価 ★★★☆☆

nice!(73)  コメント(18)  トラックバック(0) 

nice! 73

コメント 18

きよたん

サザエさんに描かれる家族は
多分、家族とはこうあってほしいあるいは
こういうものだというイメージで作られたのかしら
意外とああいう家族っていないかもしれません
アニメは自由でいいのにというのに同感

by きよたん (2017-02-12 17:25) 

green_blue_sky

見たい映画ですが、動画では公開されていないです・・・
○○が知りたい(^_^;)
by green_blue_sky (2017-02-12 20:43) 

ちょろっとぶぅ

毒を吐くタラちゃん。
ちょっと、見てみたい(^^;
by ちょろっとぶぅ (2017-02-13 07:29) 

裏・市長

■アニメ編コメント■

ついに来たな!タラヲ誕生!!。

大体、サザエさんの時の流れは
ここらで止まってしまう。
何かの呪いにブチ当たってしまったのだろうね。

みんな足踏みして
終わりのない日々を過ごしている・・・。

でも何度か、その呪いを打ち破れるチャンスは
あったのだよ。

80年代、イクラちゃん一家が転勤になり、
隣の浜さん一家が引っ越し、
三河屋の三平さんが田舎に帰る…という、
イベントがいっぺんに押し寄せてきた。

サザエさんを終わらせて、コボちゃんに
変えるというハナシもあった。

最大の終わらせどきは、
長谷川町子先生が亡くなったとき。

でも、呪いが強すぎたようだ…。
ことごとくそれらの提案は棚上げに。

そうこうしているうちに、
高齢化した声優さんが次々と・・・。

思えば、ドラえもんはいい時に世代交代したね。
いまメインキャラクター5人のうち、
現役はひとりになってしまった…。

なんでも引きどき、潮時というのはあるね。
by 裏・市長 (2017-02-13 22:57) 

裏・市長

■映画編コメント■

ついに来たな!タラヲ誕生。

しかし本日の青山さんはいつになく毒舌。
いつも毒舌だけど、それ以上にボクが
辛辣なので、目立たないだけか。

確かに身内にまで敬語の幼児は不気味である。
年に1~2度会うぐらいの距離感ならいいけど、
毎日顔を合わせて暮らすのはちょっとカンベン。

確かに視聴者からのクレームは強い、
クレヨンしんちゃんでさえ、毒が抜けてしまった。
その割には、今放送してる
「中年スーパーマン左江内氏」なんかヒドイ。

特に嫁役の小泉今日子さんの言葉づかい。
「ハァ?死ぬのかお前、死ねよ」
「うぜぇ消えろ、死ねっつってんだよ」。

亭主に対して毎回「死ね」のオンパレード。
ドラマの内容自体も深夜ドラマのノリとレベル。
とりあえずエンディングで、
みんなでダンスしとこか?っていう感じ。

…見てるけど。

なんや、見てるんかいっ!!というツッコミは
ナシの方向で。
いやぁ、なんでも見ずに批判するのはアカン思いますねん。

あの駄作を撮った監督の新作だから、
どうせつまらんだろ?。これはあきません。

批判したければ、どんなにつらくても興味が湧かなくても、
見てからにしておくんなはれ。

Amazonのレビューみたいに、
発売前に「期待できない」と☆を減らすのはナシや。

by 裏・市長 (2017-02-13 23:09) 

裏・市長

■ウチの田舎編コメント■

「産まれた子は、まさか○○じゃないでしょうね」。

これで思い出した。

ウチのおばあちゃんの、
ボクが生まれたと聞いた時のセリフが、
「指、ちゃんと5本ついてるか?」
だったそうな(笑)。


by 裏・市長 (2017-02-13 23:13) 

tamanossimo

まさか○○じゃないでしょうね…
○○…知りたい
by tamanossimo (2017-02-14 09:17) 

さる1号

〇〇・・・何だろう
ヤクザがヒントとは思うけれど、思いつかない・・・・
by さる1号 (2017-02-14 12:49) 

mitu

もし、女の子だっタラ、タラコちゃんだったのかな^^


by mitu (2017-02-14 15:13) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます

外国の方は、サザエさんを見て日本語を学ぶと言うし(笑)、
日本のステレオタイプの家庭を描いている感じで、
実際に、あんな家族はいないのでしょうね^^

私も、もっと自由な昔のサザエさんが観たいです。
by 青山実花 (2017-02-15 11:44) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます

いつかDVD化されるといいですね。
○○は、なんというか、差別用語とでも言いましょうか・・・。

by 青山実花 (2017-02-15 11:44) 

青山実花

ちょろっとぶぅさん
コメントありがとうございます

今のタラちゃんより、
毒吐タラちゃんの方が、
ずっと可愛いですよ(笑)

by 青山実花 (2017-02-15 11:46) 

青山実花

裏・市長さん
■アニメ編コメント■ありがとうございます

人の成長が止まってしまうのは、
アニメや漫画の宿命なのでしょうか。

「サザエさん」も「こち亀」も不自然すぎますものね。
その点、「ちびまる子ちゃん」は、
上手くいっている方かもしれませんね。
時代設定をハッキリ決めているからなのでしょうけど。


おぉ!
やっぱりお詳しいですね。
転勤や、
引っ越しや、
Uターンなどは、
テレビを見ていたはずの私も記憶にありません。


コボちゃんにチェンジですか。
それはちょっと・・・。
コボちゃんなら、サザエさんの方がいいです。
(すみません(笑))


この間、久しぶりにサザエさんのアニメを
見たんです。
声優さんには詳しくない私でも、
記憶にある声と随分違っている気がして、
ちょっと驚きでした。
仕方ないですけれど。

サザエさんは、終わらせなくてもいいのですが、
もう少し、現代風にしてもいいとは思います。
サザエさんがスマホをいじっていたり、
マスオさんが居間でノートパソコン開いていたり、
カツオがゲームしてたり、みたいな。

by 青山実花 (2017-02-15 11:46) 

青山実花

裏・市長さん
■映画編コメント■ありがとうございます

そうなんです。
なぜでしょう、
私、「サザエさん」の映画を観ていると、
毒づきたくなってくるんです。
余りに日常すぎて、
「それはないだろう」と言いたくなるのかもしれません。


タラちゃんを嫌いな人って多いですね。
あの子が何か自慢したとき、
「えへんですぅ」と言った時は、衝撃でした。
「えへん」に「です」をくっつけるって、有り得ます?(笑)
いい子というより、むしろクソガキだと思いました。
わがままばかり言っているイクラちゃんの方が、
まだ可愛げがあるってもんですよ。

「中年スーパーマン左江内氏」

すみません、見ていませんが、

小泉さん、激しいですね(笑)。
小泉さんクラスになると、
ある程度のセリフは許されるのでしょうか。
あとは、1クールの放送なので、
「やり逃げ」みたいなところもあるのかもしれません。
苦情が来ても、知らん顔で全部放送しちまえ、みたいな(笑)。


観ないで批判は、確かに良くないですね。
どんな監督にも、
作品の出来不出来はあるので、
それだけで評価はできません。

つまらない映画を観るのは、確かに苦行です。
でも、それでこそ、見終わったときに、
達成感もあるし、
ラストのラストで感動する事もあるんですよね。

by 青山実花 (2017-02-15 11:47) 

青山実花

裏・市長さん
■ウチの田舎編コメント■ありがとうございます

お祖母様が心配されているお気持ちはわかりますし、
身内なら、それくらい言ってもいいと思うんです。

ただ、映画のセリフとなると・・・(笑)。
私の書き方など、マイルドで、
この映画の中では、もっとすごい事を言っていたんですよ(笑)。
今なら怒られます・・・。

by 青山実花 (2017-02-15 11:47) 

青山実花

tamanossimoさん
コメントありがとうございます

非常識が歩いているような私ですが、
さすがに、ここに書く勇気がなくて・・・(笑)。

by 青山実花 (2017-02-15 11:48) 

青山実花

さる1号さん
コメントありがとうございます

たとえば、ヤクザさんが、喧嘩したとき、
「お前の腕の1本もへし折って、○○にしたろか」みたいな
感じで使うような気がします(笑)。

by 青山実花 (2017-02-15 11:48) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます

もしそうだっタラ、
そういう事になるのでしょうか^^

by 青山実花 (2017-02-15 11:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0