So-net無料ブログ作成
検索選択

「スノーデン」 [映画]

snowden.jpg
〔2016年/アメリカ〕


911事件にショックを受けた、アメリカの平凡な青年、
エドワード・スノーデン(ジョゼフ・ゴードン・レヴィット)は、
国の為に何かしたいと考え、
軍隊に入る。


しかし、脚を大怪我し、除隊。
その後、CIAの試験に合格した彼は、
コンピュータの知識を買われ、
NSA(アメリカ国家安全保障局)の職員となる。


また、ネットで知り合ったリンゼイ(シャイリーン・ウッドリー)と
恋に落ち、同棲するなど、
公私共に順風満帆な日々だったが、
ある事に気付き、愕然とする。


それは、NSAがテロリストだけでなく、
全世界の一般人のあらゆるメールやケータイを
傍受・監視している事。
スノーデンは、今の幸福を捨て、
それを告発しようと決心する・・・。





アメリカの青年・エドワード・スノーデンが、
国を告発した事件、
いわゆる「スノーデン事件」は、
ニュースで軽く見る程度には知っていたけれど、
なるほど、
こういう事だったのねと、
一つお利口になった気分。


このニュースを知った時、
私は、
アメリカ側の言い分が第一印象として残ってしまっていたので、
あたかもスノーデンが、悪い人間のような印象を
持ってしまっていたけれど、
なんだ、普通の良い青年じゃないか。


普通どころか、
普通以上に、正義感が強い人間。
もし私が彼の立場なら、
「まぁ、国家なんてそんなものだろう」と、
メールやケータイの監視について、
半分諦めな感じでいただろうし、
やっと掴んだ幸せを捨ててまで、
告発に踏み切ろうとは思わないだろう。


国家の監視より、
自分の幸せが大事よ(笑)。
現に、それを知っている彼の同僚たちは、
私と同じ気持ちでいたのだろうから、
それまで何も起こらなかったのだろうし。


アメリカは、全世界の人々の、
あらゆる情報をチェックしていたそうで、
日本も、重大な監視下に置かれているという。
その中に、私も入ってるのか?(笑)
(笑い事ではないが)
こんな、どーでもいい女の情報を知った所で、
一銭の得にもならないだろうけど。


とはいえ、
それを知ったスノーデンが、
疑心暗鬼になる気持ちも分からなくはない。
なにせ、国は簡単に、
個人の家のパソコンに入り込み、
着替えから性行為まで見ているのだもの。
それはやっぱり最悪の行為だわね。


久し振りにオリバー・ストーン監督の映画を観た。
最後に観たのはいつだっただろうと調べてみたら、
2011年2月だから ↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2011-02-07
ピッタリ6年ぶりか。
やっぱりこういうテーマを扱うのが好きね。


ジョゼフ・ゴードン・レヴィッドはどうだろう。
最後に観たのは、「ザ・ウォーク」。↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2016-02-10
これも去年の2月だから、
ピッタリ1年ぶり。
やっぱり彼は、肉体を使うより知的な役がよく似合う。
なので、軍隊でしごかれる場面は、
「だ、大丈夫!?」という気持ちになった(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(61)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 61

コメント 6

don

おお、スノーデン映画になったんですね。
世界中で話題になった、スノーデンの初版本が出たとき、
すぐに読んで記事にした記憶があります。

ある日スノーデンの記事にアクセスが集中するなあと調べると、
大手新聞社の編集長さんが、この話題本を紹介するとき、
「ここのサイトがの記事がわかりやすい」
とツイッターでつぶやいてくれて。
フォロワーの多い人がつぶやくと、これだけ流入するのか。
と驚いた記憶があります。

記事って、愚直にわかりやすく書いてると、
たまに誰かがほめてくれたりして、うれしかったりします^^
by don (2017-02-06 12:52) 

hatumi30331

見たいみたい!!
この人好きなんです!へへ;


by hatumi30331 (2017-02-07 09:55) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます

アメリカは、話題になった実在の人物を
映画化するのが早いですね。
やっぱり日本とは違うものを感じます。

えー!
すごいじゃないですか!
まるでピコ太郎(笑)。
有名な誰かが、
「面白い、分かり易い」と紹介してくださると、
それだけで違うのですね。

件の記事、あらためて読ませていただきました。
映画を観た今の方が、
より理解が深まります。
なるほど、「わざとリーク説」(笑)。
面白いですね。

こんな大人になっても、
誰かから誉められるのはとても嬉しい事ですよね。

by 青山実花 (2017-02-07 13:18) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

ジョゼフ・ゴードン・・レヴィッド、
知的で素敵ですね^^
by 青山実花 (2017-02-07 13:19) 

裏・市長

こいつか!スノーデン!!。

パッと見には普通の兄ちゃんに見えるけど、
こいつやな!こいつのせいか・・・。
どうも最近、個人情報だだもれやと思った!。

なんせ、匿名希望でやってるブログネームで、
年賀状が届きますねん!。もぅビックリ。
どう考えてもおかしいと思ってたら、
こう言うからくりがあったとは・・・。

我々にプライバシーなんてありません。
個人情報保護なんて無縁です。
このデジタルでインターネットでサイバーな
平成日本に人権なんかクソくらえだ!。

あなたの通話もメールも、ラインも、
その気になる人がその気になればバレバレ。

ただ、銭にならないからしないだけです。
週刊文春もボクがゆうべ何を食べたかなんて、
メシのネタにならないものね。

だからボクは言いましたよね。
一番安全なのは伝書鳩だと。

ただ時間がかかる。

それで次に愛用したのが糸電話でしたっけ。
あれはよかった。リアルタイムで会話ができた。
ただ、ボクとキミとの住む世界が遠すぎて、
糸が切れて切れて・・・。

それとやはりアナログの定め。
通話品質がよくない。同時に喋れない。

小瓶に手紙を詰めて流すのも試したよね。

先週、奈良の海岸に小瓶が辿りついたんだ。
もしや…と思って開けてみたら、
キミからの手紙だったよ。

日付を見たら、1985年!!。

待ち合わせには遅刻し過ぎた!。
多分、怒っているんじゃないかな?と、
時空を越えて心配している次第です。

1985年にはすみませんでした・・・。


by 裏・市長 (2017-02-07 23:14) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

やっと気付いたようですね。
毎日新聞に、「今日の裏・市長」のコーナーがあるのは、
アメリカに監視されているからなんですよ。

「今日の裏・市長」は、私も楽しみにいたしております。
朝刊と夕刊の両方に、
コーナーがあるとは、
数ある連載のなかでも、これだけ。
人気のほどが分かります。
裏・市長さんがブログに書かれる事など、
一昨日あたり、もうとっくに記事になっておりますので、
古すぎてお茶を吹いてしまいます。
もっと誰も知らない、未来の事を書いてほしいものです。


裏・市長さんの伝書鳩・ピーちゃんは、
前はよく、うちに来ていましたが、
そういえば、最近は来ていませんね。
あのピーちゃん、
途中で遊んでくるのか、羽がボロボロで、
しかも、足に括り付けられたお手紙は、
雨に濡れて、一度も読めた事がありません。
時には、ピーちゃんだけが来て、
餌だけかっくらって、帰った事もありましたわ。
あれは一体なんだったのでしょう。
餌代を浮かしたのでしょうか。


糸電話も楽しい思い出です。
あれを実行するには、
一度は、現物をお届けするために会わねばならず、
和歌山のオフ会を
密かに利用したんでしたわね。
私たちが実は50年も前から旧知の仲だとは、
誰も気付かなかったので、しめしめと思いました。
まるで初めて会ったかのような、
裏・市長さんの演技に、
「この人、俳優もいけるんじゃ・・・」と思ったものです。


なんだー、瓶のお手紙、まだ届いてなかったんですか。
瓶を流した日から、
大和高田の、あの交差点でずっと待っているですが、
32年も経っていたとは、気付きませんでしたわ。
早く来てくださいね、あと5分以内に。

by 青山実花 (2017-02-08 08:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。