So-net無料ブログ作成
検索選択

「エアポート'80」 [映画]

airport80.jpg
〔1979年/アメリカ〕


アメリカの航空会社・フェデレーション・ワールドが、
コンコルドを購入し、
ワシントンに向かって飛行していた。


操縦士は・ポール・メトラン(アラン・ドロン)。
翌日には、ワシントンから乗客を乗せ、
オリンピックの開催が予定されているモスクワまで、
親善飛行が行われる予定だ。


一方、軍事産業のハリソン産業の
社長・ケビン・ハリソンは、
武器の不正輸出を行っており、
それを、ケビンの恋人で、
ニュースキャスターのマギー(スーザン・ブレイクリー)に
知られてしまう。


ケビンは、マギーの乗ったコンコルドに
ミサイルの照準を合わせ・・・。





シリーズ4作目。
これで、「大空港」の流れを汲む映画は、
終わりらしい。


コンコルドの機体が、
全編通して映し出され、
それだけで、満足な感じ。
物語については、問うまい(笑)。


私は、
コンコルドを直接見た事もなければ、
乗ったこともないけれど、
映像で見ただけでも、
やっぱりカッコいい。
他の飛行機とはちょっと違う。


2003年に、全機が撤退し、
もう永遠に乗れる事はなくなってしまったけど、
運航していた当時、
料金などはどうだったんだろう、
他の飛行機より、頭抜けて高かったんだろうか。


音速と同じ速さで飛ぶって、
どんな感じなんだろう。
まぁ、そもそも、音速自体がなんなのかさえ、
分かっていない私だけど(笑)。


もし乗ったことがあるという方がおられたら、
どんな感じだったか
聞いてみたい気がする。


で、映画は、といえば、
前の3作に比べて、
ちょっと面倒くさい。
このシリーズは、
物語が単純だから、面白かったのに(そうか?(笑))、
軍事産業だとか、
ミサイルだとか、
話が広がると、パニック感が薄れる。


見どころは、
アラン・ドロンとシルヴィア・クリステル。


稀代のモテ男と、エマニエル夫人が、
パイロットとスチュワーデス、
さらに、
元彼、元カノの関係とは、
そんな飛行機があるなら、乗ってみたいってもんだ(笑)。
しかも2人は、よりを戻しちゃってるし。


このシリーズのいいところは、
4作全て、
飛行機の遭難場所や、
救助方法がかぶっていない事。
今回のコンコルドは雪山に不時着する。
飛行機が落ちる場面は、
どのシリーズも、
「神様、乗員乗客が助かりますように」という気持ちになる。


1980年のモスクワオリンピックが、
何の疑いもなく、
行われるように描かれているけど、
実際は、西側諸国の大半がボイコットしたのよね。


この映画のアメリカでの公開は、
1979年の8月のようだから、
まだ、そのような話はなかったのだろうと想像する。
現実と映画に、
そんな風な差があるというのも、面白い。
2020年のオリンピックだって、
あと3年ある。
その間に何があるか、
ちゃんと開催できるのか、なんて事は、
神様のみぞ知る、ですな(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(78)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 78

コメント 12

向日葵

懐かしいですね。
公開当時、リアルタイムで見ました。

単に「アラン・ドロン」ファンだっただけ。。
彼の一連の作品の中でも特に可もなく不可もなく。。
あまり「面白くなかった、かな?」位しか覚えていません。

シルヴィア・クリステルとの共演はそれなりに
話題になっていました、っけ。。
by 向日葵 (2017-02-05 03:10) 

裏・市長

モスクワオリンピック懐かしいのぅ!。
丁度ワシが定年を迎えた年じゃった。
まさかの日本不参加(笑)。大笑い。

当時、テレビ朝日がメインで、
めちゃめちゃチカラ入れとったのじゃ。

だが、ボイコットの影響で、
せっかくマスコットキャラクターの
「こぐまのミーシャ」をアニメ化したのに半年で打ち切り。

連続ドラマ「燃えろアタック」もモスクワ目指してたのに、
急遽、路線変更。スポ根ドラマのハズが、
メンバーの難病~母親との再会を目指す…。
なんじゃそりゃ!。
ワシも定年を返上したのじゃった・・・。

ものすんげぇ気になったから、
今、見てきたよ!ウキウキペデア!。
やっぱりコンコルドの運賃、20%増しだって!。

でも音速やしなー、速いしなー、
カッチョイイしなー。
例え、2割増しでも東京から奈良県まで、
わずか32分で来られるとしたら…使いません?。

夜行バスが安い!というのだけれど、
疲れるだろうし、何より時間がかかる。
時間を金で買ってると思って、
もし、何かの間違いで来奈良されるときは、
新幹線をお使いになるのがベストかと思います。

それでもあなたは・・・、
片道1カ月かけて、籠をお使いになるというのか・・・!。
籠愛・・・。
by 裏・市長 (2017-02-05 11:30) 

ひろし

前作も前々作も観たけど、これは観てないな~
それまでが単純すぎたので、ちょっと趣を変えたのかな?
でもこういうパニック物は単純な方がいいんじゃないでしょうか。
何も考えなくて没頭できるから・・・笑

by ひろし (2017-02-05 16:47) 

青山実花

向日葵さん
コメントありがとうございます

アラン・ドロンファンの向日葵さんなら
観ておられるのも分かります^^

ただ、そうなんです。
お話は今一つ(笑)。
撮影中、ドロンとクリステルは何もなかったのかしら、なんて、
そんな事ばかりが気になる、馬鹿な私(笑)。

by 青山実花 (2017-02-05 19:15) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

あの年は、うちのホームシアターで、
臨場感溢れるオリンピックを一緒に観戦しようねと、
2人であれほど楽しみにしていたのに、
まさかの不参加。
本当にガッカリでしたわね。

「こぐまのミーシャ」も、
「燃えろアタック」も、
オリンピックに備えて、放送第1回目から見ていたというのに、
アメリカに追随して、参加を取りやめた日本に、
「ヘタレな日本めが!」と怒った裏・市長さんのお姿は
今も脳裏に焼き付いております。
アメリカに媚びる日本の姿勢は、
40年近く経った今も、まるで変っていませんわね。


そうなんです。
うちの自家用コンコルドがまだあれば、
裏・市長様に週一で会いに行けたというのに、
廃止された事が本当に残念でなりません。
また復活したら、必ず購入いたしますので、
滑走路の準備だけは、今からしておいて下さいね。

分かりました。
それまでは、
奈良に行くのは新幹線を使わせていただきます。
お迎えはどこまで来てくださるのでしょう。
新大阪駅でしょうか。

籠の時は、
大和高田市内の、あの四つ辻で待っていて下さい。
辻臨み・・・。

by 青山実花 (2017-02-05 19:22) 

青山実花

ひろしさん
コメントありがとうございます

単純な物語が良かったのに、
複雑になると、ちょっと面倒ですよね(笑)。
増えていいのは、
せいぜい恋愛問題くらい(笑)。
by 青山実花 (2017-02-05 19:23) 

hatumi30331

この映画、見た記憶があります。
観たような気がする記憶。へへ。

エール、必ず,最後あたりの手話を使って家族に向かって歌う場面で
ウルウルきます。

映画の後の食事会は、新年会!
美味しかったし、飲んじゃいます!(笑)
by hatumi30331 (2017-02-05 20:18) 

すーさん

ここのところの記事の並びで、
なんだかJ.Jナンス原作の「Pandora's Clock(邦題:着陸拒否)」を
観たくなってきました。忙しさにかまけて買ってからずっと
観てないや;;。(しかも苦労して見つけたDVDだった^^;;;)
by すーさん (2017-02-05 22:38) 

よーちゃん

エアポートシリーズ、4作あるんやね。
どれも見てないけどー(^_^;)
アランドロンに、シルビアクリスタル?
懐かしい名前に、昔を思い出して遠い目になりますわ。
by よーちゃん (2017-02-06 08:02) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

「観たような気がする記憶」っていいですね^^

お食事が美味しい時は、
どんどん飲んじゃって下さいね^^
by 青山実花 (2017-02-08 07:03) 

青山実花

すーさんさん
コメントありがとうございます

「Pandora's Clock(邦題:着陸拒否)」、
検索してみました。
面白そうですね。
ぜひ、観てみてください。
そして、感想を聞かせて下さいね^^

by 青山実花 (2017-02-08 07:04) 

青山実花

よーちゃんさん
コメントありがとうございます

いえいえ、
観てなくても無問題ですよ。
観なくちゃいけない映画など、
ないのです。
私がアホすぎるのです(笑)。

古いスターの名前を聞くと、
「そんな人もおったなぁ」と懐かしい気持ちになりますね^^
by 青山実花 (2017-02-08 07:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。