So-net無料ブログ作成
検索選択

「エアポート'77 バミューダからの脱出」 [映画]

airport77.jpg
〔1977年/アメリカ〕


大富豪のスティーブンス(ジェームズ・スチュワート)は、
自身の邸宅を美術館として開放する事を決める。


彼の自家用ジェット・ボーイング747は、
収集した絵画などの美術品と招待客を乗せ、
ワシントン・ダレス空港から飛び立った。


ところが、美術品の強奪を計画した3人の男に、
飛行機が乗っ取られ、
カリブ海の孤島へ進路を変えられてしまう。


低空飛行で、
バミューダ沖にさしかかった時、
濃霧のせいで、飛行機が墜落、
完全に海の底に沈んでしまう。


機体は、水圧でいつまで持つか分からず、
また酸素も減る一方だ。
乗客たちは助かるのか・・・。





またまた観てしまった(笑)。
シリーズ3作目。


ここまでくると、
「エアポート」=飛行場
なんて、もうなーんにも関係なく、
ただの飛行機パニックもの(笑)。


しっかし、実際に飛行機が、
完全に海に水没したら、
一体どうなってしまうのだろう。


私が繰り返しDVDで見ているドラマ、
「スチュワーデス物語」でも、
そんな訓練はなかったな(笑)。


素人考えだけど、
救命ボートをまず、海面に浮き上がらせて、
乗客たちは救命胴衣を着けて、
海中に出て、
なんとか浮き上がれないものだろうか。


まぁ、劇中でそれをしなかったというのは、
私の考えが甘いからなんだろうけど。


それから、私には、
人命が大切なのは勿論として、
大変な価値があるという美術品が、
失われてしまうのが、
残念で仕方なかった。


残念といえば、ジェームズ・スチュワートの
無駄遣いったらない。
自家用ジェットは彼の所有だというのに、
自宅待機の役(笑)。


せめて飛行機に乗っていたら、
出番も多く、
多少の活躍もしただろうに。
まぁ、ゲスト的な出演だったのかもしれないけど。


そういえば、最近は、
「バミューダトライアングル」のオカルト的な話って聞かないな。
バミューダトライアングルは、
怖ろしい海域で、
通った船は、忽然と姿を消してしまう、なんて、
子供の頃、世界七不思議みたいな本に、
よく書かれていたのに。


今はもう、
船が姿を消すのは、
座礁によるものだと、
証明されてしまっているものね。
色々な事が、科学で証明されるのは素晴らしいし、
わたし的に、それは大歓迎なのだけれど、
謎が無くなってしまうのも、
ちょっと淋しい気がするのも事実。


評価 ★★★☆☆

nice!(60)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 60

コメント 7

とし@黒猫

海猿3(映画)だったかで、飛行機が海に落ちましたよね。
まず、飛行機には、救命ボートは積んでいません。
仮に、水深 50mに沈んだとしたら、6気圧の水圧ですので、ドアを開けたら、人間の肺が 1/6 にペシャンコに潰されてしまいます。
スキューバダイバーが助けに潜っても、水深50mだと、10分間ぐらいしかいられませんので、現実的には、まず、全員、助からないとおもいますが、そこは、それ、映画なんでね・・・
by とし@黒猫 (2017-02-03 15:28) 

すーさん

バミューダトライアングル、懐かしい^^。
子供の頃以来そう言えば聞きませんねぇ(・Д・)?。
by すーさん (2017-02-03 21:12) 

裏・市長

はじまったよ!飛行機パニック映画の連打!!。
いつか来ると思とった!。

もう好きにして!と、この身を投げ出したのは
いいけれど、ちょっと検索したら
「エアポート」と題名が付くものだけでも、
'98、'99、’2000とか毎年のように
機内は大混乱してるぞ!くれぐれも無理のないよう、
墜落もほどほどにね。


青山さん、ごめんなさいね。
あなた、やっぱり甘いです。
あまちゃんです。じぇじぇじぇ!。

あなた、今暖かな豪邸の一室から
ウール100%のガウンを着こんで、
ワイングラスを揺らしながら、
いつものように執事に口述筆記で
ブログ更新させてるのよね?。

そんな恵まれた環境でいる人間と、
今、まさに水中に沈んでいる人間が
同じ精神状態とは思えないわ。

普通にその素人考えで全員無事で
ENDマークだと思われますが、
誰ひとり冷静な判断なんて出来ないのよ!。

第一、1977年のアメちゃんが、
「スチュワーデス物語」なんて見てないわ!。

人間の生と死を分ける境目が、
「スチュワーデス物語」を見ているか否か…。
どんなささいな事でも、
無駄にはならないという教官…いえ、教訓ね。


しかし懐かしいな!バミューダトライアングル!。
サルガッソー海とか小学館の学習雑誌に
年2回ぐらい載って、当時のよい子をビビらせてたわ。

今は現実のほうがよっぽど怖い。
韓国のセウォル号とかね。
目の前に船体がありながら、
いまだに引き上げてやらないのは何故なんだ?。

見える場所に我が子が沈んでいるのに、
手も足も出せない遺族の気持ちを考えると、
いたたまれない。

あれは引きあげたら、
明るみになってしまう「何か」があるのだと思う。
青山刑事(デカ)、このままでいいんですか!?。
by 裏・市長 (2017-02-04 08:22) 

ひろし

前記事の’75も今回の’77も観ました。
おっしゃるように、ただのパニック映画。
でも単純に楽しめるんですよね。
特に男は乗り物好きだから何回も観てしまいます(笑)

by ひろし (2017-02-04 10:37) 

青山実花

とし@黒猫さん
コメントありがとうございます

としさん、さすがですね。
ご説明ありがとうございます。
海中に50m沈んだだけで、
人間の肺はそんな状態になるんですか!
それでは生きていられませんね。
そう考えると、この映画の乗客たちは、
とても元気で、
本当にフィクションなんですねぇ(笑)。

by 青山実花 (2017-02-04 19:06) 

青山実花

すーさんさん
コメントありがとうございます

最近は、そういった不思議な逸話って、
昔より減った気がするのですが、
気のせいでしょうか。
ワクワクドキドキした子供の頃が懐かしいです^^

by 青山実花 (2017-02-04 19:07) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

裏・市長さんのご診察通り、
また「完全制覇病」を発症させてしまいました。
治療薬はまだ見つかっていないようです。

毎年毎年、よく作るよな、と思うくらい、
検索すると、
「エアポート○○(年号)」という映画がありますね。
「エアポート」と付かなくても、
例えば、「スネーク・フライト」なども笑えます。
タイトル通り、何千匹もの蛇が、
飛行機内に放たれるのです。
蛇嫌いの方が観たら、卒倒する事間違いありません。


残念ながら、執事は今日、休暇を取っておりますので、
代りに、家政婦に口述筆記をさせております。
家政婦はパソコンができず、
ペンで書いているので、
遅くて困ります。

やっぱり、冷暖房完備の、
30名収容の地下のホームシアターで
映画を観ては、
登場人物たちの心を完全に理解するのは
無理なんでしょうか。
裏・市長さんをご招待した時も、
驚いていらしたわね。
映画館と勘違いなさって、
料金を払おうとしていましたものね。
新作映画なんて、1億円で買い付ければ、
自宅で観られるのですから、安いものですわ。
ポップコーンを食う音がうるさいとか、
後ろから蹴られたりなど、
要らぬストレスに悩まされる事もなく、快適だったでしょう?
また今度あの部屋で、「スチュワーデス物語」を一緒に観ましょうね。


サルガッソー海って、
とても興味深いですね。
世界一の透明度の通り、
画像を見ると、船が空中を浮いているみたい。
一度行ってみたいものです。


セウォル号って、まだそのままの状態なんですか?
今、あの国は、指導者がいないも同然ですから、
そんな事に構ってはいられないのでしょうか。
いくら私が、有能な刑事とはいえ、
他国の事に口出しはできません。
船を引き上げるくらい、私の経済力なら簡単ですが、
そのお金で、新作映画が何本買い付けられるかと思うと、
中々出資する決心がつきませんわ。

by 青山実花 (2017-02-04 19:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。