So-net無料ブログ作成

「北村透谷 わが冬の歌」 [映画]

img60992977.jpg
〔1977年/日本〕


明治時代。
詩人の北村透谷(みなみらんぼう)の妻・美那が、
欠勤中の夫に代り、
勤務先の女学校に給料を受け取りに行くと、
透谷は、一週間ほど前に学校を辞めていると知らされる。


その頃、透谷は、
自分の首を小刀で刺し、
自殺を図るが、
寸での所で、美那に発見される。


透谷の自殺未遂を知った友人たちが、
北村家に集まってきた。


透谷は、自分の過去の出来事を語り始めた。
彼は民権運動に参加していた時、
討伐隊に追われ、逃げ込んだ娼館で、
蝶という名の女郎に助けられたのだと言う。


蝶と一夜を共にした透谷は、
彼女がしている柘榴の入れ墨を
自分にも入れたいと願い、
それを実行する・・・。





北村透谷という人は、
世間でどの程度の認知度なのだろうか。
私は、名前を聞いた事があるかないな、という程度だけれど、
それは私が物知らずなせいなのか、
世間もそんなものなのか、
そこがよく分からない。


では、なぜこの映画を観たのかって、
それは沖雅也さんが出ているからという
理由以外にない。


透谷という人はよく知らないけど、
この人の役を、
俳優でない、みなみらんぼうさんが演じたというのは、
何か意味があったのだろうか。
セリフが棒読みすぎて、
微笑ましいくらい(笑)。


このみなみさんが、
討伐隊に追われて、
娼館に逃げ込んだ時、
なんと、女装して追手の目を誤魔化すのだけれど、
本当に無理があった(笑)。
百歩譲っても、千歩譲っても、
女には見えなくて。


透谷が自殺未遂をして、
友人たちが集まった家に、
女性が一人、見舞いにやって来る。
その女性が、
「樋口一葉と申します」と名乗ったのが、
わたし的に、ちょっと受けた。
樋口一葉が普通にやって来る家って(笑)。


それから、個人的な最大のヒットは、
北村家に獅子舞がやって来た場面。


私は以前、このブログで、
獅子舞について疑問に思った事を、
レビューに書いているのだ。
 ↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2015-10-05


このレビューに書いてある、
モヤモヤした気持ちが、
パァーと晴れるような場面があって、
本当にスッキリ。


本当に昔は、
獅子舞の押し売りがあったのだと。
それだけでも、この映画を観た甲斐があったというものだ。


評価 ★★★☆☆

nice!(57)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 57

コメント 12

Rchoose19

久々に『みなみらんぼう』さんの名前をみました。
こんな顔立ちだったわねぇ~~。
懐かしいわぁ~。
歌うように節をつけて台詞を言ったらよかったのにねぇ~。

by Rchoose19 (2017-01-31 12:40) 

green_blue_sky

全く知らない映画ですが、みなみらんぼうさんが若いのでこちらに反応(^_^;)
1977年というと、公開された映画は名作が多かった年だったような気がします・・・
by green_blue_sky (2017-01-31 18:04) 

よーちゃん

みなみらんぼう、って虚弱体質の詩人イメージが
確かにするんやけど、セリフが棒読みならば
俳優としては論外ですなぁ~。

昔、山田花子が「おまえのセリフ、棒読みやなぁ!」と言われて
「10・9・8・7・・・」と返し、「そら、秒読みや!」とツッコミを受ける
べたべたなネタがあったことを思い出しました。
by よーちゃん (2017-01-31 18:32) 

tommy88

北村透谷は文学史の中に生きる人です。たとえば、彼の「厭世詩家と女性」という文章の冒頭は「恋愛は人生の秘鑰(ひやく=鍵)なり」という言葉から始まりますが、内面に真っ直ぐな方です。このくだりは、大学の近代文学史の授業で学んだところです。ただ、高校の文学史では触れることもありませんでした。センターに出ないという理由だけで。それでも彼の恋愛至上主義には、傾倒するところがあり、興味は持っております。

ところが今回のポスターを見て衝撃を受けたのは、みなみらんぼう君ではなく、奥様もしくは女郎の横顔。キレイなお嬢様は、田中真理様ではありませんか。「サインはV」で美脚を見せ続けた田中真理様。日活ロマンポルノの看板女優になられた田中真理様。美しい方でしたが、猥褻罪の裁判沙汰が長く続き嫌気がさしたのでしょうか、消えてしまいました。勿体ないことです。ちなみに、ほんの子どもだった頃、獅子舞も押し売りも来てました。ある種の恐怖を感じていましたが、祖母が撃退する雄姿も素晴らしかったですよ。

by tommy88 (2017-02-01 07:54) 

裏・市長

あ~~~~!、
この獅子舞おことわりの記事、おぼえてる!。

と言うか、この「のんびり。」で、
映画以外の話題が出て来る記事は
どれも印象深い。

ぱりーきゃみゅきゃみゅの電車とか、
すっぽんも皇族メンバーだったとか、
フクロウカフェで袋叩きにあったハナシとか、
スチュワーデス時代にハイジャックされた時の
思い出話など、どれもが非常に印象深い。


沖雅也さん目当てだ!と言っておきながら、
「獅子舞おとこわり」が判明して、
見た甲斐があったって…着地点はそこかよっ!と、
全ソネブロ民100人中、102人が突っ込んだ。

見事なまでのウルトラC。審査員全員が10点を掲げました。

この映画も見事なまでのATG臭プンプンな一作。
「主演・みなみらんぼう」だもの。

ボク、スポンサーだったら全力で止めるけどな。
ヒットさせる気、あるの?。

ボク、映画館の経営者だったら、必死で断るけどな。
ウチの映画館、つぶす気?って。

だってATGやで。
(決してけなしていない。むしろ褒めている)。

この場所に沖雅也が座っている事に違和感。
なんでアンタ、混ざってんの?と思う。

ボク、こどもの頃、みなみらんぼうさんと、
ドカベンの水島新司先生の
見分けがつかなかった。

道ですれ違ったら、今でもわからない自信がある。


by 裏・市長 (2017-02-01 22:30) 

青山実花

Rchoose19さん
コメントありがとうございます

Rchoose19さん、メールは時々してるけど、
コメントはお久し振りで嬉しいです。
またお食事&飲み、行きましょうね。

みなみらんぼうさんって、
本当、久し振りですよね。
やっぱり、歌とセリフとは別物なんでしょうか(笑)。

by 青山実花 (2017-02-01 22:47) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます

みなみらんぼうさん、
今は72歳なんですね。

1977年を調べてみますと、
確かに、
「八つ墓村」や「人間の証明」など、
名作が多いですね^^
by 青山実花 (2017-02-01 22:56) 

青山実花

よーちゃんさん
コメントありがとうございます

みなみらんぼうさんが虚弱体質というのに、
笑いました。
人の印象って、面白いですね^^

山田花子さん、いいですねー。
書かれているコント(?)、
よーちゃんさんの舞台でも使える気がします^^

by 青山実花 (2017-02-01 23:00) 

青山実花

tommy88さん
コメントありがとうございます

大学受験に関係がない事は、
勉強しないというのも、問題ありな気がしますが、
まぁ、とにかく合格が目標にある以上、
仕方がないのかもしれませんね。

田中真理さんというかたが、
そんなに有名とは知りませんでした。
みなみらんぼうさんとの共演は、
ミスマッチな気がしました。

by 青山実花 (2017-02-01 23:06) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

私はこのブログで、映画以外のレビューは、
本当に面白い!珍しい!と思った事しか、ほぼ書かないので、
印象に残るのかもしれませんわね。

特に、ハイジャック事件は思い出深いですわ。
あの時、機長だった裏・市長さんは、
犯人から銃口の向けられた私を、庇ってくださったんでしたわね。
もはやこれまでか、と思いましたが、
「スチュワーデス物語」で学んだハイジャック対策訓練が役に立ち、
犯人を撃退できた時は、本当にホッといたしました。
どんなにくだらないドラマでも、観ていて損はないのだと思いました。


> 見た甲斐があったって…着地点はそこかよっ!と、

だって、裏・市長さん、
あなた、みなみらんぼうさんの棒読みを
1時間40分も聞かされてごらんなさいよ。
退屈で退屈で、
気が狂いそうになりますわよ。
しかも、北村透谷なんて、
興味も関心もないのよ。
知らないのよ、そんなおっさん。
獅子舞くらいしか、見る所がないじゃありませんか。


ハイジャック事件以来、
50年もお会いしていなかった裏・市長さんなのに、
獅子舞のレビューで、コメントをくださった時、
「あの日の機長さんだ!」と閃いたんでしたわね。
女の勘って、怖ろしいものがあるわ。

それに比べて、
男は、みなみらんぼうさんと水島新司さんの見分けも
付けられないのですから、
困ったものですわね・・・。

by 青山実花 (2017-02-02 00:03) 

lequiche

あ、そうそう。
みなみらんぼうさんとすれ違ったことがあります。
ご家族とご一緒でした。
水島新司先生とは間違えませんでした。
見分けかたとしては、
みなみらんぼうさんのほうが顔が長くてデカいです。(爆)
by lequiche (2017-02-02 12:27) 

Hide

懐かしいですね〜らんぼうちゃんは〜武蔵野の東急ストアー?で
よくお会いしました!40年程前でしょうか?静かな男です!
今でも、彼の作詞・作曲の「時計を見ないで」はレコードで聴き
ますが好きな歌です、西島三重子ちゃんとはバッチグー!

by Hide (2017-02-02 17:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0