So-net無料ブログ作成
検索選択

「反逆のメロディー」 [映画]

hangyakunomelody.jpg
〔1970年/日本〕


ヤクザの淡野組が解散し、
構成員だった哲(原田芳雄)は、別の街に赴いた。
その街は、立花組が牛耳っているはずで、
組長・立花は哲の腹違いの弟だ。


ところが、立花はムショに入っており、
その隙に、乗り込んできた
矢東会が幅を利かせていた。


哲は、立花組を再建するべく、
偶然知り合ったゲバ作(佐藤蛾次郎)と共に
矢東組に挑戦する。


そんな中、淡野が街にやって来る。
淡野は、関東の暴力団を次々解散させていたが、
そこには彼の策略があり・・・。





原田芳雄が、
全編ジーンズ姿で、
ジープを運転している事から、
何か軽いノリのヒッピーみたいな話かと思ったけれど、
まぁ、基本は結構なヤクザ物。


ただ、
昔ながらの任侠でなく、
極道とビジネスとか結びつけた話という点で、
当時としては新しかったのかもしれない。


ネットの噂によると、
原田さんは、
出演交渉された時、
ヤクザヤクザした格好は拒否し、
ジーンズなら、という条件を出したのだそうだ。


初主演作で、
そのような条件を出すなど、
すごい度胸だと思うけど、
映画の中の彼は、確かに凄い。
ヤクザが構えた拳銃の銃口を、
素手で押さえる場面にはビックリした。


その状態で、引き金を引かれたら、
大怪我する、と思ったけど、
原田さんの気迫に、
相手はそれができない。


その原田さんと、
いつしか意気投合するのが地井武男さん。
地井さんは、初登場シーンで、
花を抱えて葬儀に行く。
地井さんと花って、
一見、合わない取り合わせだけど、
それが中々絵になり、決まっていた。


まぁ、私の一番の目的は、
ずっとブームが続いている沖雅也さんを見る事だったけど、
彼の登場シーンは短く、残念。
若く、可愛かったけど。


評価 ★★★☆☆

nice!(60)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 60

コメント 4

裏・市長

まだ続いてたんかい!沖雅也ブーム!。

ピコ太郎とともに消えていったかと思ったのに…。

本作のビジュアルとタイトルだけを見れば、
青春の1ページ、汚ない大人たちへの
反抗的作品の匂いを感じるが極道か!。

まぁしかし、本作は佐藤蛾次郎の「ゲバ作」!。
このネーミングがすべて持っていった感がスゴイな。
ゲバ作て・・・ヌケ作はよく聞くけど。ゲバ作て・・・。


映画やテレビでよく見るこのシーン。
相手の銃口に指や手を当てて、
「やってみなよ、大怪我するぜ・・・」っての。

これホンマかいな!?。

銃口に異物が入ってたら、
暴発するような事は聞くけど、
自分の指もふっとぶよな??!。
誰か他人の手でやってみたい。
どのぐらいのブッ飛びようなのか。

地井武男とお花はすごく縁がある
取り合わせかも知れない・・・。まだ咲いてるし…。

それにしても「ゲバ作」て・・・。
by 裏・市長 (2017-01-30 12:55) 

hatumi30331

沖雅也ブーム、続いてるのね〜♪
今でも,あの足の長さ・・・印象深い!
by hatumi30331 (2017-01-30 16:45) 

きよたん

原田芳雄さん いい役者さんでした。

by きよたん (2017-01-31 05:29) 

tommy88

「朝から余計なことを欠きました」とは、余計なことがないになりますね。
重要なことを吐露したように見えてしまいます。
実際は、「欠きました」ではなく、「書きました」です。
読み直しが甘かったので、最後に変な落ちになってしまいました。
ちなみに「反逆のメロディー」って不思議なタイトルです。
1970年とありますから、海外の影響を受けてらっしゃるのでしょうか。
たとえばフランスだとかの匂い。
安田講堂攻防の翌年だし、時代の中で、「反逆」は重要そうです。
原田芳雄さんは昔からドスが利いて、普通じゃなかったですね。

by tommy88 (2017-01-31 06:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0