So-net無料ブログ作成
検索選択

「ブルックリン最終出口」 [映画]

Brooklynsaishudeguchi.jpg
〔1989年/西ドイツ〕


1952年、ブルックリン。
主要産業である鉄工所が現在ストライキ中で、
街は、労働者たちで溢れかえっている。


組合の責任者・ハリー・ブラック(スティーブン・ラング)は、
経費を自由に使える立場にあったが、
使い過ぎがバレ、要職を失う。


娼婦のトララ(ジェニファー・ジェイソン・リー)は、
美人局のような事をして金を稼いでいたが、
偶然知り合ったスティーヴ中尉とベッドを共にするうちに、
彼を愛し始めた自分に気付く。
しかし、中尉が朝鮮戦争に出兵してしまい、
どうしようもない気持ちを持て余す。


労働者のジョー(バート・ヤング)は、
娘が妊娠している事に気付く。
お腹はもう、相当大きくなっている。
赤ん坊の父は、
同じ工場で働くトミー。
なんとかトミーと娘を結婚させなければ・・・。





昨日書いた、「番格ロック」について、
調べていたら、
この映画に行き当たった。


なんでも、「番格」は、
この「ブルックリン最終出口」の雰囲気を目指していたという。


そんな風に言われたら、
居ても立っても居られないではないか。
すぐにレンタル店を検索すると、
在庫している。
借りに走る。


しかし、この映画の公開は1989年で、
1973年の「番格」より、ずっと後だ。
目指したというのは、
おそらく1964年に発表された原作小説の事なのだろう。
「番格」は、コテコテの日本のスケバン物であり、
こちらは、アメリカの労働者階級の人々や娼婦の、
八方塞な現実を描いたもので、
ちょっと違う感じがするし、
あくまでも小説の雰囲気を真似たってだけで。


で、映画。


よく、今の日本で、
「最近の若者は加減を知らず、相手が死ぬまで殴り続ける」といった
常套句を聞くけれども、
ここに出てくる人々の攻撃的な事ったらない。
そんなに殴ったら死んでしまう、と思うくらい、
一度殴り始めたら、容赦する事がない。
向こうの人の闘争本能って、
日本人とは違うと本気で思う。


映画の中の、2つの恋心が切ない。


1つは、ハリー。
彼には妻子があるのだけれど、
ゲイのレジーナに激しく惚れてしまう。
しかし金の無い男に用はない、とばかりに、
レジーナにこっぴどく振られ、
気持ちの行き場を無くす。


人の気持ちは理屈ではない。
ハリーの思いを責められる人なんているんだろうか。


そしてトララ。
彼女は、薄っすらと惚れ始めた少尉から、
別れ際に手紙をもらい、
彼も同じ気持ちでいる事を知る。


けれど、
彼女は、男を数だけはこなしていても、
本当の恋を知らず、
それまで生きてきたのだろうと想像でき、
どうすればいいのか分からないのだろうと思う。


その後の、彼女の身の処し方の壮絶さに驚く。
救いは、
それを彼女が自分の意思でしたという事だけ。
言葉を失う場面だった。


評価 ★★★☆☆

nice!(64)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 64

コメント 4

薔薇少女

昨夜PCが危篤状態?になったので、当分の間、
お休みする事になってしまいそうです・・・ 涙

by 薔薇少女 (2017-01-27 15:07) 

裏・市長

なんでいきなり
「ブルックリン最終出口」やねん?!と、
激しく突っ込みたかったが、
そうか・・・原因は昨日の「番格ロック」だったのか。

「気になったら、即行動」。

やはり青山さん、刑事に向いてる気がする。
今からでも国際線のスチュワーデスを退職して、
この国の安全を守ろうとは思わんか?。
よろしくご検討ください。

いやいや、日本人もなかなかに攻撃的やで。
ウチの父親の世代は、ちょっと非人道的な
言動と行動が日常で行われていた。

以前、運送屋をやっていたと書きましたが、
それ以前に勤めていた運送の親方は、
「車使う商売に事故はつきものである。
人を轢いたら、バックして轢き直せ」と、
教えていたそうだ。

ヘタに生き残られて、
後からなんだかんだ言われるよりは、
息の根をとめてしまえ、金でカタをつけるほうが、
後腐れがないとの事で。

今だったら、鑑識課が調べて、タイヤ痕などで
バレるでしょうが、昭和時代ならOKだったかも。

ケンカする時も腹を狙うのは素人らしい。
ヘタに生かしておいたら仕返しに来るので、
やる時は「頭をつぶせ」だったらしい。

あ、ここに来られる人が震えあがるな・・・。

一文付けくわえておこう。

「このコメントはフィクションです。
実在の人物、団体とは一切関係ありません」。

・・・カンペキ・・・。
by 裏・市長 (2017-01-28 10:19) 

青山実花

薔薇少女さん
コメントありがとうございます

え・・・
そんな淋しいこと言わないでください・・・。
何とかならないかなぁ。
近くだったら駆け付けるのですが・・。
by 青山実花 (2017-01-29 13:05) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

そうなんです。
「番格」と、この「ブルックリン」は、2つで1つ。
セットで観てこそ、脳内で形が出来上がるのです。

私に、国際線スチュワーデスの仕事を辞めろと?
まぁ、辞めるのは簡単ですが、
でも、パイロットの裏・市長様と、
機内で62年も息の合った連携プレーをしているのに、
勿体なくないですか?

裏・市長様に機内食をお運びするのは私の仕事で、
他のスチュワーデスに絶対手出しはさせなかったというのに、
今更、他の仕事に就くなんて、できるかしら。
その時は、裏・市長様もパイロットを辞めて下さいね。
これからは2人で、新人刑事として頑張りましょう。
配属先は、七曲署を希望いたします。
あそこなら、私の家から自転車で通えますので。


> 「車使う商売に事故はつきものである。
> 人を轢いたら、バックして轢き直せ」と、

ひゃ~。
これは、街中に防犯カメラの無かった時代だから、
できた事ですね。

ただ、言いたい事、ちょっとは分かるんです。
アメリカ映画などで、拳銃を撃つ時、
なぜ頭を狙わないかなと、イライラする事があるんです。
お腹を撃たれた人が、
次の場面で、病院で寝ていたりすると、ガッカリするんです。
まぁ、生きていてもらわないと話が続かないからでしょうが。

一文付けくわえておこう。

「これは実話を元にしたお話です」。

・・・パーフェクト・・・。

by 青山実花 (2017-01-30 00:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。