So-net無料ブログ作成
検索選択

「恋妻家宮本」 [映画]

koisaikamiyamoto.jpg
〔2017年/日本〕


中学教師の宮本陽平(阿部寛)は、
大学時代の恋人・美代子(天海祐希)と
デキ婚して27年。


その時の一人息子も結婚し、
これからは夫婦二人だけの生活か、やれやれと思っていた所に、
本棚の「暗夜行路」の間に、
美代子の署名がされた離婚届が挟まれている事に気付き、
ショックを受ける。


この事態を自分だけの胸に納めておけなくなった宮本は、
通っている料理教室で、
同じ班の女性(菅野美穂・相武紗季)に相談するも、
明確な答えは得られない。


また、教え子の家庭で、
ある問題が勃発したため、
そちらの方で奔走し、
家庭の問題ばかり考えてもいられない。


そんな中、
美代子が息子の家に行くと言い出し、
出て行ってしまう・・・。





試写会で観た。


最近、阿部寛さんの10年前のドラマ、
「結婚できない男」のDVDを、
お友達からお借りして、
観たばかりで、
阿部さんの存在が、私の中ですんごく大きくなっていた所だったので、
この試写会はとてもタイムリーだった。


ただ、
「結婚できない男」が、
タイトル通り、
偏屈なあまり、結婚できない男という役だったのに対して、
この映画は、
結婚している阿部さんの、
さらに息子までが結婚するという内容で、
ドラマとは全然違う。


阿部さんに、そんな大きな息子かぁ、と、
なんだか違和感。
いや、実際の彼の年を考えれば、
それくらいの子供がいても、
なんら不思議はないのだけれど、
彼はいつまでも、
おじさんというより、お兄さんというイメージが、
私にはあるようで。


内容も、薄い。


私は阿部さんと天海祐希が、
もっと壮絶なバトルを繰り広げるのかと期待していたのだけれど、
全く平凡な、生ぬるい夫婦の
ちょっとして行き違いが描かれているだけであった。


夫婦の問題より、
学校の場面の方が感情移入できる。


親の事で悩んでいる、ある男子生徒は、
その事を、クラスメイトからからかわれる前に、
自虐的にその話題を持ち出して、
お調子者のフリをして、皆を笑わせる。


つまらない事がきっかけで、
いじめに繋がる今の学校では、
そんな風にする事でしか、
自分を守れないのかと悲しくなる。
まぁ、そのおかげもあってか、
クラスにいじめの空気はなく、
観ていて嫌な気持ちになる事はないのだけれど。


2時間ドラマでいいかな、という作品。


評価 ★★★☆☆

nice!(76)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 76

コメント 14

hatumi30331

う〜〜〜ん
そうなのね。
遊川さんも天海祐希も阿部寛も好きやけど・・・
そうか〜
来年あたり、見てみるか!(笑)
by hatumi30331 (2017-01-23 20:28) 

green_blue_sky

今、天海さんがテレビに出ていて、何か離婚の映画のことを言っていましたが、これのことなんだ(^_^;)
すごい偶然~~
by green_blue_sky (2017-01-23 20:41) 

orange

いつもお立ち寄り頂きありがとうございます^^*
最近は、テレビドラマと映画の垣根が低くなっているように思います。
このポスター、映画館の横で見ました。
松方さん、お顔立ちがお父様に似て来たと思っていたので残念です。
by orange (2017-01-23 22:33) 

tommy88

天海祐希さんの持つ「狂気」「凶器」が好きです。
イッてしまってる女、最高に笑えます。
思いっきり虐めたくなるくらいに、好きになる瞬間があります。
阿部ちゃんは、結局お笑いの人で、ローマ人が最適です。
長身組の夫婦は良さそうに見えますが、美男美女。
努力の香りがしてきません。
基本的に、結婚を維持するためには、日々の努力の積み重ねです。
特に男子諸君の、大いなる努力と歩み寄りが肝心です。
そういう努力が、阿部ちゃんには感じられないのです。
始めから彼はローマ人だからだと思います。
天海祐希さんも、トップスタアのまま変わらず。
邦画、若手は出てきているのですが、中堅の役者不足でしょうか。
「2時間ドラマでいいかな」は、説得力があります。
感情移入して、のめり込んでも、近寄りがたさがあったはずなのに。
銀幕のスタアではないということでしょうね。

by tommy88 (2017-01-24 07:21) 

mitu

阿部さんと並ぶと、天海さんが小柄に見えますね^^
「結婚できない男」再放送を録画したのを何度も視ました、面白いですよね♪
by mitu (2017-01-24 09:46) 

きよたん

結婚できない男 面白かったですよね
あれから10年も立つんですね
阿部寛が好きになるきっかけになったドラマです。
by きよたん (2017-01-24 09:58) 

裏・市長

どうせ、はいからさんの少尉でしょ…。

見る前の私はそうでした。
今は阿部寛さんに土下座したいぐらいです。
三菱東京UFJ銀行の前は、
阿部寛さんのポスターをいつも意識して通ります。
でも、隣の石原さとみさんの方が魅力的です。

それほどまでに「結婚できない男」は、
阿部寛さんのイメージを打ち砕きました。
彼のテレビ代表作、2本の指のうちの1本に
入れてもいいんじゃないかな?そう思います。

そうですか、ご覧になりましたか。
これで来世、青山さんが女医に生まれて来られた際、
結婚できない男ごっこが出来ます。

ボクは「工事中」のホームページ管理人として、
ごっこに参加します。

間違えても青山先生の前でおケツを放り出して、
涙を流すような情けない役はやらせないでください。


「内容も、薄い」。

・・・正直すぎる(笑)。
もう、本能の赴くままに書いてますな。
だが、それがいい。
人間、信用が第一。

もし、本作を「全高田市民が涙した」とか、
書いて、本気にした読者が劇場に
足を運んで「…騙された」と気付いた時の、
絶望感、失望感。

それよりも、最初にクギを刺されながらも、
それでもいいの!ワタシ、佐藤二朗さんを
劇場で観たいの!というマニアックな方が、
「…案外、よかったじゃん」。

そう、思ってくれるほうがいいの。

いいひと。がいい事やっても、意外性がないからね。

21人の犠牲者を出した連続殺人鬼が、
人生でただの一度、
気まぐれで道端の空き缶をゴミ箱に
入れるぐらいの衝撃がないとね。

みなさん、意外性を求めて劇場へ向かおう!。

※試写会に呼んでくれた東宝株式会社様に対して、
本文ではケチョンケチョンに評し、
コメント欄ですかさずフォローを入れる…。

…なんて素晴らしい連携プレイ…。

今日の記事はここまで読んでいただいて、
はじめて完結するのです。※
by 裏・市長 (2017-01-24 12:33) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

なんだかあまりいい事が書けなくてごめんなさい。
決してつまらないわけではないので、
観れば楽しめると思います。
ぜひご覧になってみてください。
by 青山実花 (2017-01-25 14:27) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます

テレビを見ていたり、
人の噂をしていたりすると、
ちょうどその話題になっている人と、
行き当たる事ってありますよね。
人って不思議です。
by 青山実花 (2017-01-25 14:30) 

青山実花

orangeさん
コメントありがとうございます

いえいえ、こちらこそ、
いつもありがとうございます。
なんというか、「2時間ドラマでいいよなー」と思う
映画ってありますよね(笑)。
気楽に観るにはいいのでしょうが。

松方さん、残念ですね。
スターがどんどんいなくなってしまいますね。
by 青山実花 (2017-01-25 14:31) 

青山実花

tommy88さん
コメントありがとうございます

天海祐希さん、お好きですか。

> 虐めたくなるくらいに

天海さんを虐めたくなるとは、
私には不思議な感覚です^^
彼女は虐められるより、
虐める方が似合うと思うからです。

阿部さんは、この映画では、
のほほんとしていて、
呑気な旦那さんです。
阿部さんのシリアス物だと、
吃音の中学校教師役の「青い鳥」が
結構胸にきました。
原作も良かったです。

ゆるーい夫婦の物語を見させられても、
特に得るものはないと思い、
「2時間ドラマ」云々と書きました。
どうせなら、もっとドロドロしたものが観たいです^^
by 青山実花 (2017-01-25 14:40) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます

この二人が歩いていたら、
大きなカップルですよね^^

「結婚できない男」面白かったです。
繰り返し見られるお気持ち、わかります^^
by 青山実花 (2017-01-25 14:41) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます

私もお友達の薦められて観たのですが、
続きが気になって一気に観てしまいました^^
阿部さん、偏屈だけど、
結構いい人で笑えました。
by 青山実花 (2017-01-25 14:43) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

阿部さんに、もう「少尉の過去」はないくらい、
立派なスターに成長しましたね。
今では、シリアスからコメディまで、
何でもこなせる俳優さんという感じです。

私の親しいお友達が、
「結婚できない男」が大好きだそうで、
DVDを貸してくださったのです。

現世でも、お会いできそうにもないというのに、
もう来世の相談ですか。
裏・市長さんの未来志向には、
頭が下がる思いがいたします。

いや、しかし、
「工事中」のホームページの管理人さんと、
女医さんとは、
あのドラマの中で、対面する場面はありましたっけ?
結局、裏・市長さんと私は、
来世でもお会いできない運命なのかもしれません。


すみません、
ちょっと正直すぎました。
なんだか、緩いんです、緩すぎるの。
物語なんて、毒があってなんぼ。
この映画の内容では、
隣のおじさんとおばさんを一日観察していれば、
十分事足りるんですもの。

現在の2人も緩いけど、
結婚したきっかけまで緩い。

大恋愛して、全てを捨てて駆け落ちして、
心中でもしてくれたら、見ごたえもあるってもんですが、
大学生が彼女を妊娠させ、仕方なくデキ婚、では、
隣の息子を見ているのと、何ら変わりありません。

・・・褒めるつもりが、
ますますドツボにハマってますね(笑)。
せっかく、裏・市長様が絶妙な連携プレイを
見せてくださったというのに、
ぶち壊す女。
本当に私ってダメですわね。

でも、大丈夫。
お願いされている、公式サイトへの感想は、
褒めておきました。
こんな与太ブログに関係者さんなど
来るはずありませんので、
安心して書いています。

今日の記事はここまで読んでいただいて、
はじめて完結するのです。※

by 青山実花 (2017-01-25 22:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。