So-net無料ブログ作成
検索選択

「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」 [映画]

paytheghost1.jpg
〔2016年/カナダ〕


大学講師のマイク・(ニコラス・ケイジ)は、
仕事が忙しく、
7歳の息子・チャーリーと、
なかなか遊んでやれないのが悩みの種。


ハロウィンの夜も、約束の時間に帰れなかったマイクは、
本当なら眠る時間のチャーリーを連れ、
カーニバルに出掛ける。


ところが、
手を繋いでいたはずのチャーリーが
忽然と姿を消してしまう。
「ゴーストに償って」という謎の言葉を残したまま。


1年後。
チャーリーは見つかっていないが、
マイクは、
彼が近くに来ている事を感じる・・・。





試写会で観た。


試写状を見た感じでは、
イベントは無さそうだったけれど、
急遽、ゲストが登場することになったと書かれたチラシが
入り口で配られた。


登壇されたのは、
和製ニコラス・ケイジと言われている(らしい)、
モト冬樹さん。

paytheghost.jpg
※dメニューさんより


似ているのは頭部だけのような気もするが(笑)、
まぁ、モトさんご自身も「似ている」と仰っているので
そういう事にしておこう。
それに、モトさんのお話は、
滑舌がよく、ハキハキとしていて、とても聞きやすく、
楽しかった。


映画は、といえば、
ハロウィンのカーニバルで
7歳の息子を見失ったニコラス・ケイジが、
その真相を探っていくホラーで、
それなりに面白い。


人気スターマジックというのもある。
主演がニコラス・ケイジというだけで、
映画が格調高い気がするのだから、
不思議なものだ。
これが聞いた事もない、無名の俳優だったら、
印象は変わっていたのかもしれない。


どうやらケイジの息子が失踪したのは、
1679年に起こった、
魔女狩りのような事件の呪いが発端らしく、
その過去の映像も結構面白く、
見入ってしまう。


それから、ホラーとしてでなく、
ニューヨークで暮らす、
普通の家族が、
息子を失った途端、どんな風になってしまうのかという
視点で見るのも面白かった。


ケイジの妻は、
息子を見失った夫を
決して許さず、
1年後に、2人は別居していることが分かる。


なぜもっとちゃんと息子を見てくれなかったのか、
あなたさえちゃんとしていたら・・・
と夫を責めてしまう妻の気持ちは
仕方がない気がする。
これがホラーでなく、
誘拐を扱った映画だとしても、
それは変わらないだろう。


まぁ、この映画は、
夫婦の問題がテーマではないので、
2人がどうなるかは、
すぐに想像が付くわけではあるけど。


ホラーとして考えると、
それほど怖くはないけど、
むしろこの程度の方が、
気楽に観られていいのかも。
季節的にも、
ちょうど合っているのではないでしょうか。


評価 ★★★☆☆

nice!(50)  コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 50

コメント 12

えーちゃん

そうだそうだ、似てるのは頭だけだ(^^;
by えーちゃん (2016-10-17 01:53) 

よーちゃん

あ、ゲストってこういう事でしたかー(;^_^A
by よーちゃん (2016-10-17 08:37) 

裏・市長

償い続けろ!!。

法廷でこんな判決を下してくれる裁判官、
欲しいな。スカッとするぜ!。

志村が出てきて、後ろから
ワーオ!とするだけがホラーではないで。
ある日、突然身内が、知り合いが忽然と姿を消す。

最初のうちは皆が騒ぐけど、やがて風化してゆく。
20年後、北朝鮮にさらわれていたと判明する。

向こうもそれを認めたのに、取り戻すことが出来ない。
それどころか誘拐犯に対して、
支援と称してお金を差し上げる。泥棒に追い銭。

まぁ、これはフィクションですけどね・・・。
・・・え?フィクションだっけ。

思わぬゲストはお得な気分♪。

和製ニコラス・ケイジ!!。
エエがな!自称なんて言いたい放題!!。
ボクもよく耳たぶが福山雅治にブリ似!という、
定番ギャグを使わせていただくので、
モト冬樹師匠を指差しあざ笑う事なんて、
出来はしない!。

むしろ微笑ましい。
笑顔で握手を求めたい。終始、無言で・・・。

さぁ、雨の週明け!がんばろう日本!。
by 裏・市長 (2016-10-17 08:51) 

リュカ

にゃにゃ!これは面白そう!
チェックします^^
by リュカ (2016-10-17 09:57) 

don

和製ニコラスケイジ、なるほど。
ぼくも将来は目指そうかな^^
by don (2016-10-17 12:33) 

hatumi30331

こういう映画好き!
覚えておこう〜〜〜へへ;
ゲストにモト冬樹って!?(笑)
by hatumi30331 (2016-10-17 15:45) 

青山実花

えーちゃんさん
コメントありがとうございます

コメントを読ませていただき、
笑ってしまいました。
頭だけでも似ているなら、
ご本人も満足なのでしょうか^^
by 青山実花 (2016-10-18 19:10) 

青山実花

よーちゃんさん
コメントありがとうございます

ゲストがニコラス・ケイジご本人だったら
良かったんですけどね^^
でもそうだとしたら、
私もこんな冷めた文章ではなかったと思われます(笑)。
by 青山実花 (2016-10-18 19:12) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

たしかに凶悪な事件の犯人でも、
ある程度服役したら、
それっきりですものね。
「一生償い続ける」という刑があってもいいのかもしれません。


償ってほしい国には償ってもらえず、
向こうのしつこい「償えコール」には
強い事の言えない日本という国は、
一体どうなっているのか。

最近も、道頓堀やらワサビやらと、
また騒動が勃発していると聞きました。
新たな「償えコール」の始まり。
あー、めんどくせー。
どうせこっちは、いつまで生きられるか分からない身。
勝手にやっててくれや、って。


そうですよ、
誰が誰に似ているかなんて、
全ては自己申告。
裏・市長さん、耳たぶなんて事は言わず、
全身福山だと言い張って下さい。
私は支持します^^

私も自分を沢尻エリカと言い張りますので、
その時は、ご支持をお願いします。

by 青山実花 (2016-10-18 19:31) 

青山実花

リュカさん
コメントありがとうございます

もうすぐ劇場公開されると思います。
ぜひご覧になってみて下さいね。
by 青山実花 (2016-10-18 19:33) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます

もしかして、
将来の頭部の事を仰られているのだとしたら、
donさんには、
ケイジより、ジュード・ロウを目指してほしいです。
いえ、ケイジは大好きなのですが、
ジュード・ロウのルックスが好きなんで(笑)。

by 青山実花 (2016-10-18 19:36) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

面白かったので、
ぜひいつかご覧になって下さいね。

モト冬樹さんは、席の関係で
至近距離で見ました。
思っているよりは素敵でした^^
by 青山実花 (2016-10-18 19:38) 

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。