So-net無料ブログ作成
検索選択

「男じゃないか 闘志満々」 [映画]

otokojanaikatousimanman.jpg
〔1973年/日本〕


町田武夫(森田健作)は、
剣道の師範をしている父・国松(フランキー堺)に反抗し、
一流の剣道の腕を持ちながら、
大学ではボクシング部に所属している。


国松は、行きつけの小料理屋の女将・キク(河内桃子)の店で、
踊りの師匠の静香(鳳八千代)に一目惚れしてしまい、
どうにか近付きになれないかと、願うようになる。


武夫の兄で、画家の清(沖雅也)は、
ある日、日本舞踊の師匠・由紀(新藤恵美)と出会い、
その美しさに心奪われる。
ところが、別の日、
武夫も、偶然出会った由紀に強く心惹かれる。
兄弟は、
同じ女を愛しているとは知らぬまま、
互いの恋の相談をするようになる。


ところが、この由紀が、
実は静香の娘という事が分かる。
話は、親子、兄弟、友達が入り乱れて、
大混乱(笑)。


武夫の大学の剣道部は、
どうしても試合に武夫に出てほしく、
様々画策し、
武夫は、試合に臨むことになる・・・。





今、世間では、
沖雅也ブームが起こっているらしく(ほんと?(笑))、
先日、何本かお借りしたビデオの中に、
沖さん出演のこの映画があったので、
早速観てみた。


なんというか、
2時間ドラマを、
物凄い豪華な出演陣で見せてもらった感じ(笑)。


話はもう、めちゃくちゃ。
剣道馬鹿(すみません(笑))な心を、
親への反抗心から封印する森田健作と、
そんな森田を苦々しく思うフランキー堺とが
メインなわけだけれど、


そのフランキー堺、
剣道の師範だというのに、
女に惚れて、
見合いを頼み込むなど、
およそ、その職業には似つかわしくない振る舞い。
実は彼、過去にも、女問題で揉めた事があるらしい(笑)。
いや、私はそういった人を悪いとは言っていないし、
むしろ好ましく思う。
武道をしている人間は健全だ、なんて、
実際は有り得ない話だし。


出てくる人間が、
全て、偶然誰かの知り合いというのも笑える。
この映画の世界には、
人間は20人くらいしかいないのね(笑)。


極めつけは、
森田健作と沖雅也の兄弟が、
同じ女に惚れてしまう場面。
そんな偶然って、一体どんな確率なんでしょ(笑)。
しかも、沖さんは、
森田健作のアドバイス通りに事を運び、
ついに、彼女をモノにしてしまうという(笑)。
コメディ映画の王道ね。


森昌子が、
河内桃子の娘役で出てきて、
いきなり歌い始めるシーンがある。
鼻歌なんてものじゃないのよ、
本格的によ(笑)。
ほんの数分の出番なのに、
ものすごい力の入れよう。
当時、いかに彼女を売り出そうとしていたか、
分かるような内容。


そうかと思えば、
フランキー堺が、
ホステスの家に行って、
ベッドに倒れ込むシーンもある。
(そうなるには事情があるのだが)
(その後登場する美人局が東八郎)
一体、どのあたりの年齢層をターゲットにしてるんだか、
よく分からない映画であった(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(59)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 59

コメント 12

hatumi30331

こんな映画知らんよ〜^^
森昌子と森田健作・・・・
スゴい取り合わせ!(笑)
え〜?
この映画は沖雅也ブームの流れ?
今、沖雅也ブームなの??
何で??
全く知らんよ〜〜〜〜!
男前やったけどね〜
惜しい人を死なせたよね。^^;
何だか・・・いろんな話しに飛びそうになるね・・・(笑)

by hatumi30331 (2016-07-02 15:28) 

ちょろっとぶぅ

7/12 ご都合あえば是非ご参加くださぁ~い w(^∞^)w
by ちょろっとぶぅ (2016-07-02 20:47) 

raomelon

こんばんは^^
かれこれ35年くらい前、文京区白山でお勤めしていた時
あの辺りは印刷屋さんが多かったのですが
太陽にほえろ!のロケがあったのです
(偽札の印刷か何かの事件だったと思います)
小耳に挟んで駆けつけると沖雅也さんが!!!
目と目が合った(多分)瞬間にファンになりました(笑)
若くして亡くなられて残念ですよね
茶飲み話みたいなコメントですみません^^;
by raomelon (2016-07-02 21:45) 

裏・市長

さすが、流行にビンカンやな!。
おっしゃる通り、今時代のトレンドは「沖雅也」だ。

先日6月28日は34回忌であったし、
先日、養父の日景忠男氏が
去年亡くなっていた事が公表されたばかり。

「男じゃないか 闘志満々」。

平成時代、普通に生きる人々は
知らなくて当然の一本。

ビデオも松竹の初期に出たっきりで、
再販はおろか、DVDも出ていないハズ・・・。
この映画、ボクも観たことないもの。

昔の映画って、前後のつながり関係なく、
いきなり歌い出すな!。
美空ひばりさん系に多い気がする。
で、歌い終わったら、何事もなかったのように
物語が再開する。舞台芝居のように。


沖雅也氏、とにかく彼を取り巻く環境が悪かった。
精神的に病んでいる状況でも、
ほぼ個人事務所だったので、仕事を休めない。

70年代後半から、80年代、
とにかく来る仕事は拒まずで、
「こんなところに沖雅也?!」という、
沖雅也の無駄遣いが多すぎる。

「戦場のメリークリスマス」で
坂本龍一氏が演じたヨノイ大尉。
当初、沖雅也さんで
キャスティングされていたという・・・。
これが実現されていれば事態は
大きく変わったかも知れない…。

で、ツラツラ書いてたら、
真上に沖雅也遭遇談!!。
何気にスゴイ事、書かれてるじゃん!。
ナママサヤやで!。これには勝てん!!。
by 裏・市長 (2016-07-03 20:08) 

向日葵

似たような映画が、この頃、矢鱈と増産されていません
でしたっけ???

とにかくアイドル出しておけば良い、みたいな。。

その中でも「かなり過激な(?)」一本だったみたいですね。。

「沖 雅也」かあぁ~ぁ。。
懐かしいなぁぁ。。

へぇ?ブームなの?
by 向日葵 (2016-07-03 20:33) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

こんな映画は、知らなくて当然です。
それが普通なので、大丈夫です^^

沖雅也ブームは、
ほんの一部の人と地域で起こっているようです^^;
それも、知らなくても無問題です。
佳人薄命とでも言おうか、
男前ほど、短い人生なのでしょうか。
生きておられたら、
今頃は、ベテラン俳優さんになっていたでしょうに、
残念ですね。

by 青山実花 (2016-07-03 22:55) 

青山実花

ちょろっとぶぅさん
コメントありがとうございます

7月12日。
今、スケジュール調整をしているところです。
なるべく行ける方向に持っていこうと思っています。
その時は、宜しくお願いします^^
by 青山実花 (2016-07-03 22:57) 

青山実花

raomelonさん
コメントありがとうございます

おぉ!
「太陽にほえろ!」のロケに遭遇とは!
いいないいな~^^

私も、幼い頃、
何かのイベントに沖雅也さんが来られて、
握手した記憶があるのですが、
そういったイベントより、
偶然のロケの方が、めっちゃ羨ましい感じがします。
しかも「太陽にほえろ!」だなんて、
ドラマの王道じゃないですか~。

茶飲み話、大好きです~。
っていうか、私の人生の会話のほとんどは
茶飲み話みたいなもんです^^;
これからも、どんどん書いてくださって大丈夫です。

by 青山実花 (2016-07-03 23:07) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

裏・市長さんに触発されて、
私も沖雅也ブームに乗ってみました。
っていうか、「コータロー」のビデオを借りた時、
このビデオも一緒に借りていたので、
タイムリーで良かったです。

日景忠男さんが亡くなっていたことは
知りませんでした。
今頃は、天国で再会しているかもしれませんね。

はい、いきなり歌う映画、ありますね^^;
特に邦画の場合、歌手のかたが、
片手間(?)に映画に出た時に多いような。
映画も宣伝に利用しようとするあたりに、
芸能プロダクションの根性が見える気がします^^;

私は詳しい事を知らないので、
余計な事は言えないのですが、
確かに、自死は、
精神の、本当に本当のどん底に行かないと
できない気がするので、
彼はとても悩み、苦しんでいたのでしょうね。

環境が変わっていたら・・・
「戦メリ」に出ていたら・・・
色々なもしもがありますが、
そうなっていたら、彼の運命は違っていたのでしょうか。

裏・市長さんが沖さんに注目するようになった
きっかけは、何なのでしょう。

後出しジャンケンのようで申し訳ないのですが、
私も沖さんと握手した事があるのを
思い出しました^^;
でも「太陽にほえろ!」のロケに遭遇したほうが、
ずっと羨ましいです。

by 青山実花 (2016-07-03 23:32) 

青山実花

向日葵さん
コメントありがとうございます

きっと、当時は、
ホリプロやサンミュージックで
アイドル映画が沢山作られていたのかもしれませんね。

沖雅也ブームは静かに潜行しているのです^^;
by 青山実花 (2016-07-03 23:33) 

かーか

沖さん、流行ってますね(^w^)
この映画は知りません(笑)
沖さんと森田健作と森昌子って組合せおもしろいですね。
内容も結構ドロッてて笑えそうです(^◇^)

by かーか (2016-07-04 07:00) 

青山実花

かーかさん
コメントありがとうございます

沖さん、一部で大流行しているようです(笑)。

いいんですよ。
私も最近まで知らなかったのです。
すごいレア物なのだそうです^^

出ている方がみんな若くて、お元気なのを見ていると
時の流れを感じます。
そうなんです。
今の映画には無いようなお話なので、
逆に珍しくて笑えるんですよ^^

by 青山実花 (2016-07-06 19:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。