So-net無料ブログ作成

「ヘイル、シーザー!」 [映画]

hailcaesar.jpg
〔2016年/アメリカ〕


1950年代。ハリウッド黄金期。
あるスタジオでは、
歴史劇のスペクタクル巨編「ヘイル、シーザー!」の
撮影が行われていた。


ところが、主役のウィットロック(ジョージ・クルーニー)が
何者かに誘拐されてしまう。
事が重大にならないうちに、
ウィットロックを救出しなければならないと、
スタジオは、「何でも屋」のエディ(ジョシュ・ブローリン)に
解決を依頼する。


一方、別のスタジオでは、
西部劇の若手スター・ボビー(アルデン・エーレンライク)が
シリアスドラマに初挑戦していたが、
アクションでは光るボビーも、
セリフを話せばただの大根。
どんなに演技指導してもまるで使えない。


また、人気女優・ディアナ(スカーレット・ヨハンソン)は、
その奔放な私生活から、
妊娠している。
スタジオは生まれた子供をディアナの養子ということにして、
世間に発表しようと画策する。


またまた、別のスタジオでは、
ミュージカルスター・バート(チャニング・テイタム)が、
新作ミュージカルの撮影中・・・。





50年代のハリウッドの内幕が観られると思って
期待していたけれど、
思ったほど凄くはなかった(笑)。


大御所スター・ジョージ・クルーニーが誘拐されるという
エピソードがメインだけれど、
私には、それが一番面白くなくて(笑)。


50年代のハリウッドは、
共産主義だとの疑いをかけられた
監督や俳優が、
赤狩りのような形で迫害されていったというのは
知っていたけれど、
この誘拐犯たちも、そのような思想の持主らしく。


ただ、当時の空気が分からないので、
それをコメディにされても、
今一つ、理解ができない。


それなら、他のエピソードの方がずっと面白い。
セリフがバシッと決まらず、
何度もNGを出す、西部劇の若手スター。
監督役のレイフ・ファインズの苛立ちが
こちらまで伝わってくるようだ(笑)。
このような事って、
時代に関係なく、普遍にあるんだろうなぁ。
この先、アクションスターのシリアスドラマを観たら、
「こやつは大丈夫か?」と思ってしまいそう(笑)。


スカーレット・ヨハンソンの場面は物足りない。
奔放な女優を描くなら、
もっともっと大げさなくらいでいいのに。
例えば、ジュディ・ガーランドの私生活を
そのまま映像化したような。
どうせコメディなんだから、
それくらいしても問題ないと思うんだけど(笑)。


チャニング・テイタムのミュージカル映画の撮影場面が
一番好き。
その場面を観ながら、
そう言えば、こういったタイプのミュージカル映画って、
最近ないなぁ、と思った。
今度また、その手の映画のソフトを借りて、
観てみようと思う。


全体的には、
こんなもんか、という感じ(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(57)  コメント(5)  トラックバック(6) 
共通テーマ:映画

nice! 57

コメント 5

ニッキー

かみさんが観てきて「予想した内容と違ってた・・・面白くない訳じゃないけど背景にいまいち詳しくないから微妙」と言ってました(^_^;)
by ニッキー (2016-05-21 14:48) 

裏・市長

メインの誘拐事件がおもしろくなければ、
メインになってないじゃないか!。
そりゃアカンわ!(笑)。

それでもさすがやな!。

どこか面白い部分、褒められる個所はないかと
探しておられる(笑)。
この辺、関西人のノリに通じるところを感じる。
関西人はせっかく来たのだから、観たのだから、
「モトをとってやろう」と常に前向きなのだ!。

日本のアクションスターは演技もなかなかにいいぞ!。
1980年代、無駄に危険な事にチャレンジする集団があった。
千葉真一さん率いる、JACである。
物語に関係なく、とりあえず飛び降りる!。
真田広之さんなんか、城の天守閣から飛び降りたし、
ヘリコプターから海へドボンなんて当たり前だった。

今はもう安全性から俳優にそんな事、やらせませんが。
その分CGが発達して、大宇宙からでもすっ裸で帰還できる!。

1960年代だけれど、
テレビ界の裏側?メイキング的ドラマ?、
いやミュージカル?バラエティに近い?、
なんとも微妙な立ち位置の、
NHK「トットてれび」が今、おもしろい。
テレビですけど。

満島ひかりさんがメキメキうまくなってる・・・。
アイドルとして歌い踊っていたのがウソのよう…。

あ、オフ会の・・・。・・・ガクッ・・・。(何者かの吹き矢にやられた)。

                                   つづく。

by 裏・市長 (2016-05-21 20:36) 

青山実花

ニッキーさん
コメントありがとうございます

あぁ、良かった。
奥様と私、全く同じ感想ですね^^;
ニッキーさんの奥様には、
何となくシンパシーを感じている私です^^
by 青山実花 (2016-05-23 13:04) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

そうなんですよ。
誘拐事件がもっととんでもない事件に発展するとか、
そういった事でもあれば面白いのでしょうが、
なんか今一つで^^;

はい、
どんな映画にでも良い所はあると思うので、
探すようにはしています。
それでも見つからなかったら、
茶化すか、文句を垂れます^^;
ブログを書くネタになるだけで、
元を取った気になるので、
ブログをしていて良かったのかもしれません^^;

志穂美悦子さんが長淵さんと結婚されたとき、
暴れん坊の長淵さんを抑えられるのは、
石野真子さんより志穂美さんだと、
友人と話した記憶があります^^;
何せJACですから。

コテコテのJACの映画って何があるのでしょう。
今度教えてください。

「トットてれび」は見ていませんが、
私は黒柳徹子さんが日本の芸能界の女性で一番好きで、
「トットチャンネル」は大好きな本です。
古い時代の、テレビのとんでもないエピソードには
驚かされますね。
今度機会があったらテレビの方も観てみます。


by 青山実花 (2016-05-23 13:15) 

sig

ハリウッドの裏ばらし、いや、裏話の映画、大好きです。この映画もそうだといいな。
by sig (2016-05-31 20:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 6