So-net無料ブログ作成
検索選択

「アイアムアヒーロー」 [映画]

iamahero.jpg
〔2016年/日本〕


漫画家を目指し、作品を描き続けるも、
思うような結果が出せない鈴木英雄(大泉洋)35歳。
いい年をして、夢のような事ばかり話す彼に、
同棲相手の徹子(片瀬那奈)は、ついにキレて、
深夜、アパートから彼を追い出す。


けれど翌日、徹子から謝りの電話が入る。
ウキウキと部屋に戻った英雄だが、
なぜか徹子は化け物のような姿で
英雄に襲いかかり、
抵抗した彼は、徹子を殺してしまう。


慌てて逃げた英雄は、
街の様子に驚く。
ゾンビのようになった人間、
通称、「ZQN(ゾキュン)」が、
まだZQNなっていない人間を襲っているのだ。


見知らぬ女子高生・比呂美(有村架純)と共に
タクシーの乗った英雄は、
富士山近くの、ショッピングモールに辿り着く。
そこの屋上では、無事だった人々のコミューンがあった。


モールの別の棟には、
大量の食糧があるとの事で、
そこへ向かった英雄たちだが、
そんな彼らに、ZQNが襲いかかってくる・・・。





試写会で観た。


ここの所、本当に試写会に当たりまくっている気がする。
もちろん、数多く応募しているせいもあるけど、
やっぱり、今はそういう波が来ているのだろうか。
こんな事なら、もっと前から、
試写会に目を付ければ良かったと思うけど、
人には、その時その時の状況がある。
応募しなかったのには、
それなりの理由があるわけで、
まぁ、今は毎日、郵便受けを見るのが楽しみだ(笑)。


しかも、昨日のこの試写会、
なぜか、もう公開されている映画なのに行われたという、
初めてのパターン。
試写会のカラクリって一体どうなっているんだろう。


で、映画について。
かなりのスプラッターらしいとは、
一緒に行ったyonta*さんから
教えていただいてはいたのだけれど、
上映前にも、近くにいた観客の方が、
「なんか、凄く気持ち悪いらしいよ」と話しているのが、
耳に入ってきた。


そっか、そんなに凄いのか、
でも、大泉洋だよ、
「彼の映画にしては」ってくらいじゃないの?と思っていたのだけれど、


いやー、凄かった(笑)。
血だらけ、
脳味噌だらけ、
内臓だらけ(笑)。


大泉洋は、
かなりヘタレな男で、
観ていてもイライラするし、
本人もそれを自覚してる。
自分の駄目っぷりを、
涙ながらに悔悟する場面もある。


だけど、
スイッチが入ってからは凄い。
ラストのZQNとの死闘は壮絶。
日本の一般映画でここまでするって、
今まで、あまり観た事がない気がする。


これは、「人間」対「ZQN」の映画ではあるけれど、
「人間」対「人間」の映画でもある。


ショッピングモールの屋上で暮らす人々は、
若者が殆どなんだけど、
そこでの勢力争いの最低な事ったら。
結局、人は、どこへ行っても、
最後に苦しめられるのは人間関係。


私は、
DQNに支配されて暮らすくらいなら、
ZQNに噛まれて、ゾンビになった方がまだマシだわ。


それから、さして重要ではないシーンだけど、
冒頭の、大泉洋と片瀬那奈の同棲のシーンが、
個人的に面白かった。


女って愛情が冷めると、
ああいう風な態度取るよなぁ、って(笑)。
あの2人だって、
付き合い始めの頃は、
いちゃいちゃしていただろうに(笑)。


評価 ★★★★☆

nice!(74)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 74

コメント 10

yonta*

銃を構えた姿が「レヴェナント」のプリオに似ていると
言われたそうですが・・

冒頭、椅子がやたら揺れるので、
「そういう(体感型?)映画館だったんだっけ?」
と思ったら、隣の席の女の子がZQNが何かするたびに、
すごい勢いで彼氏にしがみついているだけでした^^;

そりゃあゾンビ怖いけど、でも襲われて本当に怖いのは、
ああいった状況下でも、やっぱり人間なんだなあと、
少し悲しい気持ちにさせるのは、この映画のいいところかも。

私は、ロッカーに隠れてZQNに襲われる妄想をしている
洋ちゃんがツボでした。
悪い妄想って、しても意味がないってわかっているんだけど、
やってしまうんですよね・・すごいわかる、わかるって(笑)。

あと、ちょっとしか出てこなかったけれど、塚地さんもやはり
上手いなあと・・怖かったです(>_<)

ビビりながらもいろいろ堪能しました~
ありがとうございました。楽しかったです(^^)♪
by yonta* (2016-04-27 20:54) 

裏・市長

おはようございます!。

すでに公開されているのに、試写会?。
・・・節子、それ試写会と違うで、無料招待上映会や!。

それにしても・・・また当ててる~!。
節子、運使いすぎや!。

なんぼ温度差を感じる仲でも、
同棲までしてる相手は殺せんなぁ・・・。
殺される方がマシかも・・・。

これがイカンねん。詰めが甘いねん。
とどめを刺せへんねん。
それでいつも最後に逆襲されて、
こっちが立ちあがれへんほどにやられるねん。

人はボクをフリーザ戦の悟空と呼ぶ・・・。
(何のハナシじゃい?)。

さぁ、世間的にはゴールデンウイークやで!。
仕事納めの木曜日、ボクもがんばる!キミもがんばれ!。
それにしても今週、早かったわぁ・・・。
by 裏・市長 (2016-04-28 08:38) 

リュカ

あ、ネタかぶった^^
わたし、昨日のレディースデーで観てきました^^
by リュカ (2016-04-28 09:27) 

hatumi30331

これもまた面白そう〜♪
オフ会の下見に4日くらいに行って来るよ。
お楽しみに〜♪^^
by hatumi30331 (2016-04-28 14:08) 

えーちゃん

大泉洋は、やっぱ鼠男役が一番似合う(^^;
by えーちゃん (2016-04-28 15:05) 

青山実花

yonta*さん
コメントありがとうございます。

プリオと大泉さんが似てる・・・
いやいや、
銃の構え方ですか。
やはり公開の日が近いと言う事もあって、
意識したのでしょうか^^;

ああ、いましたね、yonta*さん側にカップルが。
抱きつくほど怖いか!?って突っ込みいれたくなりますね。
抱きついてもいいけど、人に迷惑掛けるなよっと。

私の隣の女の子は、ガサガサ何か食べてまして、
最初の15分くらいで食べ終わるかと思っていたら、
結局最後まで食べてました。
お願い、静かにして~、と言いたくなりました。

ロッカーのシーン、本当に回数が多くて笑いました。
ZQN以外にも、ああいったネタが人気の秘密なんでしょうね。

塚地さん、怖かったですね。
普通の顔して・・・
もうああなったら、平静に対処した者勝ちかもしれませんね^^;

by 青山実花 (2016-05-02 13:58) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

そっか、ごめんねお兄ちゃん、
節子、間違ってたよ、
試写会じゃないんだね、無料上映会っていうんだね、それは^^


裏・市長さんが恋人を殺せないのは、
やっぱり男性だからではないかと思います。
男性は、はっきり別れを言い出せないから、
女性がつけあがる・・・いや、なんでもないです^^;

でも、この映画の場合、
大泉さんは彼女を殺してもいいんです。
だって彼女はZQNになって襲ってきたんですよ。
裏・市長さん、ためらっていたらZQNに噛まれてしまいます。
そこは思いきらないと^^

by 青山実花 (2016-05-02 14:03) 

青山実花

リュカさん
コメントありがとうございます。

こういうカブりなら、全然OKでーす♪
気持ちが悪くて面白かったですね^^

by 青山実花 (2016-05-02 14:05) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

オフ会の下見、本当にありがとうございます。
楽しみにしています。
by 青山実花 (2016-05-02 14:06) 

青山実花

えーちゃんさん
コメントありがとうございます。

たしか大泉さんは、
実写版「ゲゲゲの鬼太郎」で
ねずみ男の役をされたのですよね。
未見なので、今度観てみたいです^^
by 青山実花 (2016-05-02 14:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0