So-net無料ブログ作成

「処女が見た」 [映画]

chikyuboueimiboujin.jpg
〔1966年/日本〕


京都の尼寺・西入庵を取り仕切る尼僧・智英(若尾文子)は、
本寺の住職から、
17歳の不良少女・和恵(安田道代)を預かってほしいと頼まれる。


養父母の家で暮らす和恵の性格はひねくれ、
素行不良で学校を停学になったのだ。
西入庵にやって来た当初は、
智英や、他の女たちに歯向かってばかりの和恵であったが、
智英の美しい心と、美貌に惹かれ、
次第に心清らかになってゆく。


そんな中、本寺の住職が死ぬ。
後釜にやって来た住職・行俊(若山富三郎)は、
好色そうな俗物で、
亡くなった前住職の高潔さは、
欠片も持ち合わせていない男。


ある日、本寺に、茶会の為の茶碗を借りにいった智英は、
蔵の中で行俊に凌辱されてしまう。
我が身を汚された智英は、一心に読経を続けるが、
以降、行俊の誘いに抗えず、
ついに妊娠してしまう。


そんな2人の関係に気付いた和恵はショックを受け、
西入庵を飛び出すが・・・。





若尾文子祭で上映された作品で、
未見だった1本。


同じ若尾さんの、
「雁の寺」と「越前竹人形」を合わせたようなお話だけれど、
これはこれで面白く、
最後まで目が離せない。


映画全体が醸し出す色気が半端ない。
なんだろうな、この若尾文子って人は。
男を知らない尼僧の役で、
御高祖頭巾を被ってはいても、
隠しても隠しきれない、その色気。
そんな私には無いものを多分に持ち合わせている若尾さんが、
私は大好き。


そして、そんな若尾さんに襲いかかる、
若山富三郎の、好色さ、厭らしさ。
生臭坊主とは、彼の為にあるような言葉だわ。
若山さんと、弟の勝新太郎さんは、
とっても良く似ているけれど、
勝さんが、どこか末っ子的な子供っぽさがあるのに対して、
風格という点では、若山さんの方が凄いと感じる。
そんな彼と若尾さんの共演が、
つまらないはずがない。


一箇所、笑える場面がある。


不良少女・和恵を預かった若尾さんは、
彼女が夢中になっているという、
ロックのフェスティバルに行く。
(フェスのタイトルは、「エレキの祭典」だ(笑))。


今までお経しか聞いた事のなかった若尾さんは、
その激しい音楽に圧倒され、
最初から最後までお口ポカン状態(笑)。
でも、嫌いというわけでもなさそうで、
私はこのまま若尾さんが感化されて、
尼さんロックバンドでも始めるのかと思ったよ(嘘ですが(笑))。


昔はギターは不良がするものだと言われていたと聞くけれど、
これなど、その典型的な内容。
今は、学生がバンドをしているなんて、
むしろ健全な趣味という認識だから、
変われば変わるものだ。


ラストが、私にはちょっと物足りなかった。
行俊はもっと、
社会的な制裁を受けた方が、
観ているこちらの溜飲も下がるのでは。
詳しくは書けないけれども。


評価 ★★★★☆

nice!(53)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 53

コメント 8

desidesi

もう、タイトルだけで大コーフンですね!(笑)
あれ? 若山の名前ないじゃないか・・・と思ったら、
城健三郎っていうのが若山富三郎のことなのか〜♪ (๑◔‿◔๑)
by desidesi (2015-07-09 12:21) 

青山実花

desidesiさん
コメントありがとうございます。

本当に当時の方は、
チケットを買うのが恥ずかしかったのではないかと
想像します(笑)。
それに、デートでこの映画を観ようとも
言い出しにくいですよね^^;

私もこのポスターを見て、「あれ?」と思いました。
若山さん、
以前は違う名前で出ていらしたのですね。

by 青山実花 (2015-07-09 20:45) 

ぼんぼちぼちぼち

安田道代さん=大楠道代さんでやすね。
初めてこの女優さんの存在を知ったのは、ジュリー主演のテレビドラマ「悪魔のようなあいつ」でやした。
近年だと、「赤目四十八滝心中未遂」にもせいこさん役で出られてやしたね。

そう、エレキギターを聴いたり弾いたりするだけで 昔は不良の時代だったのでやすよね。
いったいどういう根拠があって?って疑問に思いやすね(◎o◎)b

by ぼんぼちぼちぼち (2015-07-09 21:32) 

mitsuya

昔の映画ってタイトルだけでは判断できないですよね( ̄ー ̄) あ、たなみちゃんへのコメントありがとうございますm(_ _)m おかげさまで何とか1年です(*^^*)
by mitsuya (2015-07-10 09:42) 

don

こんにちは~
ぼくもタイトルにつられてやってきました。
まだまだ未熟者です^^
by don (2015-07-13 12:25) 

青山実花

ぼんぼちぼちぼちさん
コメントありがとうございます。

安田道代さんって、
最近では、ちょっとやさぐれた中年女性の役が多い気がして、
それが私なんかには無い雰囲気があって、好きです。
「悪魔のようなあいつ」は未見です。
ウィキペディアで調べてみましたが、面白そう。
・・・って、おぉ!DVDになっているじゃないですか!
今度絶対観てみますね!

せいこさんの雰囲気にもピッタリ合っていましたし、
私は「空中庭園」の小泉今日子さんのお母さん役が
強烈に印象に残っています。
っていうか、小泉さんが安田さんに投げつける一言で、
「うわぁ・・・でも分かる・・・」と思うものがあって。
ぼんぼちさんがもし未見なら、
いつかご覧になってみて下さいね。

ギターは不良の代名詞だったようですね^^;
大人は、若者が何か新しい事をすると、
それを理解するのに時間がかかるのかもしれませんね。
とはいえ、私もその大人の側に入る年になってしまいましたが(笑)。

by 青山実花 (2015-07-13 14:55) 

青山実花

mitsuyaさん
コメントありがとうございます。

本当ですね。
このタイトルだけだと一般映画とは思えないような(笑)。

いえいえ、こちらこそコメントをいただけて、
本当に嬉しく思っています。
これからも宜しくお願いします。
by 青山実花 (2015-07-13 14:58) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます。

いえいえ、
それは女も同じです。
一瞬、「どんな映画?」と思いますよね(笑)。

>まだまだ未熟者です^^

このタイトルに惹かれなくなったら、
いよいよ駄目だと思います^^;
永遠につられていていいのだと思います。

by 青山実花 (2015-07-13 15:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0