So-net無料ブログ作成
検索選択

「月に囚われた男」 [映画]

tsukinitorawaretaotoko.jpg
〔2009年/イギリス〕


近未来。
エネルギーが枯渇した地球は、
新たな熱原料ヘリウム3を月に求めていた。


ヘリウム3の採掘場の管理は、
サム・ロックウェルがたった1人で行っている。
彼は燃料会社「ルナ産業」に雇われ、
3年の契約で月にやって来たのだ。


彼の話し相手は人工知能ロボット・ガーティだけ。
通信機器は壊れてしまい、
再開の目途はたっていない。
そのせいで、
愛する妻と、
まだ乳児の娘との直接会話は出来ずにいる。


しかし、そんな孤独な任期もあと2週間で終わる。
早く地球に帰りたい。
ところが採掘場で怪我をしてしまった彼が、
基地内の診療室で目覚めると、
自分と瓜二つの男がいて驚く。
彼は何者なのか・・・。





何を書いてもネタバレになりそうで、
どうしようって感じだけれど、
とても良い映画だったというのは、
大きな声で言える。


観始めた時は、
何か精神世界的な内容かと思ったのだけれど、
(幻覚とか)
実はとても現実的なお話しで、
でもその方が私の好みなので、
色々考えさせられる事が多い。


最後まで観ると、
色々疑問が出てきて、
もう一度最初から、
今度は早回しでおさらいした。
「なるほど、そっか」などと1人で納得しながら。


人工知能ロボットのガーティが、
めっちゃいい。
彼は普通にロックウェルと会話ができ、
しかも、いざという時、味方になってくれる。


小さなモニターには、
スマイルマークが表示されている。
それは、「笑い」だけでなく、
その時のシチュエーションで、
表情を変える。


そのシンプルな顔マークは
孤独な月の生活に、
大変な慰めを与えてくれる。
ガーティがいなかったら、と想像すると怖ろしい。
声を担当しているのはケヴィン・スペイシーだという。


色々書きたいけれど、
書けないのが残念。


監督のダンカン・ジョーンズは、
デヴィッド・ボウイの息子さんなのだそうだ。
気になって画像検索してみたら、
美しい父とはちょっとタイプが違っていた(ごめんなさい(笑))。
でも、こんな映画を作るなんて、
才能に溢れている事は間違いない。
やっぱり血は受け継がれているのね。


評価 ★★★★☆

nice!(26)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 26

コメント 4

水上耕助

この映画は良いですよね。私も大好きです。
登場人物を絞り舞台も限定というのは低予算映画にありがちなパターンですけど、それを上手くストーリーに生かしているというか。
(そう言えば、ジョーンズ監督の次作『ミッション: 8ミニッツ』もある意味囚われた男の話だったな。もしかしたら好きなモチーフなのかも)
by 水上耕助 (2014-06-15 19:32) 

青山実花

水上耕助さん
コメントありがとうございます。

はい、本当に良い映画でした。
場所も人物も極端に少ない映画でも
描き方でどこまでも深くなれるんですよね。
映画は予算ではないですね。

残念な事に私は「ミッション〜」は
未見なんです。
今度絶対観てみますね。
by 青山実花 (2014-06-18 13:34) 

IHURU

はじめまして。
溢れる才能を感じる一作でした!
わたしは巻き戻してはいないのですが、一度では気づかなかったことがいろいろ隠れているんだろうなぁ。また見返すのが楽しみな映画です。
by IHURU (2014-09-10 16:30) 

青山実花

IHARUさん
コメントありがとうございます。

凄い才能のある監督さんですね。
これからも沢山の映画を作ってほしいです。

ぜひぜひ、見返して、
新しい発見をしてください。
レビューを楽しみにしています。

by 青山実花 (2014-09-12 16:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0