So-net無料ブログ作成

「図書館戦争」 [映画]

toshokansensou.jpg
〔2013年/日本〕


「メディア良化法」が制定され、
風紀を乱す怖れのある図書が排除されるようになった日本。


その「良化隊」の検閲に抵抗し、
どんな図書でも読む自由があると結成された防衛組織、
「図書隊」。


笠原郁(榮倉奈々)は高校時代、
書店で「良化隊」による襲撃に遭い、
危うい所を「図書隊」の隊員に助けられる。
顔を見られなかった、その隊員を王子様と慕い、
自分も「図書隊」になるべく、試験を受け合格する。


配属された部署の上官・堂上篤(岡田准一)の指導は
大変に厳しく、
時に不満を感じる事もあったが、
自分の未熟さを感じ始めた郁は、
堂上を慕うようになる。


そんな中、
小田原にある情報歴史図書館の創設者が亡くなり、
そこにある資料全てが移送される事になる。
その中には、「メディア良化法」に関して、
都合の悪いものが含まれており、
「良化隊」がそれを狙ってくるのは必至。


「図書隊」は「良化隊」を阻止すべく、
武装して彼らを待ち受ける・・・。





図書館は私の大好きな場所であり、
とても神聖で大切な場所でもある。
子供の頃から通っていたし、
過去に働いていた、職場でもある。


そんな図書館と武装集団という組み合わせが、
何だか好きになれず、
最後まで違和感が拭えなかった。


あの素晴らしかった、
「阪急電車 片道15分の奇跡」と同じ、
有川浩さん原作なので、
期待していたのだけれど、
私には合わなかったのかもしれない。


原作を読んでいないので、
何とも言えないけれど、
タイトルから、私はもっと牧歌的なものを想像していたの。
けれど、映画での戦闘シーンは、
本当の戦争みたいな銃撃戦と、
多数の死傷者が出る。


本を巡って、人が殺し合うなんて、
考えるのも嫌だ。
まして、日本人同士が。
この日本国内で。


榮倉奈々サン、
元気いっぱいなのは悪くはないんだけど、
個人的な好みを言えば、
明るい中にも、もう少し屈折した、
何かを抱えているような女優さんの方が好き。
(もちろん彼女にだって色々あるんだろうけれど、あくまでも印象)


榮倉さんだと、
「嫌いな女優ランキング」にも入らない代わりに、
「好きな女優ランキング」にも入れない、
そんな気がする。
これから、もっと活躍して、
今までの印象がガラリと変わるような役をされたら、
面白くなると思うのだけれど。


評価 ★★★☆☆

nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 19

コメント 4

水上耕助

原作は未読ですが、タイトルに惹かれて以前放映していたアニメ版を見たことがあります。
でも、私も話の根本的な設定であるメディア良化法とそこから発生する戦闘に「いくらなんで現代日本でこれはないだろう」と違和感を感じてしまって、いまいち話に入り込めませんでした。
荒廃した近未来あたりを舞台にすれば、あの設定ももっと現実味が出たのに…と思います。
by 水上耕助 (2013-04-30 15:40) 

青山実花

水上耕助さん
コメントありがとうございます。

なんだかホッとしました。
違和感を感じたのは私だけではないのですね。
私はアニメは観ていないのですが、
やはり映画と同じように、
激しい戦闘シーンがあるのでしょうか。

なんというか、
あのような戦争をして、
一体誰が得をするのかもよく分からなくて。
(どんな事柄でも、必ず損得で動く人がいると思うので)。
(メディア良化法を制定しておいて、裏で闇本を作るとか(笑))。

by 青山実花 (2013-04-30 22:31) 

松本ポン太

ボクもこの映画を観てきました。
『書物』が弾圧されるという似たようなテーマで、ブラッドベリのSF『華氏451度』がありますが、こちらは未来社会のファンタジーといった趣で受け入れられたのですが、『図書館戦争』は現代日本のパラレルワールドというリアルな設定だけに、『書物』のために武装化して戦闘することに大きな違和感を抱きました。
by 松本ポン太 (2013-05-05 01:13) 

青山実花

松本ポン太さん
コメントありがとうございます。

同感です。
「華氏451」とは全くの別物でしたね。
しかも、「華氏~」の頃とは、だいぶ時代も変わった現代、
書物を規制するなら、
もっと他に規制するものがあるだろう、って感じで。
パラレルワールドとはいえ、
あまりにも現代すぎるのが良くないのでしょうか。
例えばこれが1000年後のお話しだったら、
案外すんなり入れるのかもしれませんね。

by 青山実花 (2013-05-06 14:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0