So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」 [映画]

bobtoiunanoneko.jpg
〔2016年/イギリス〕


ストリートミュージシャンの
ジェームズ(ルーク・トラッダウェイ)は、
住む家もなく、
その日食べる物にも事欠くという
どん底の生活。


しかも、彼は薬物依存症で、
中々抜け出せず、
また病院に搬送される。


退院しても
行き場のない彼に、
更生担当の女性が部屋を用意してくれる。
するとその部屋に迷い込んできたのが、
一匹の野良猫。


ボブと名付けた、その猫を連れ、
路上で歌うと、
彼らの周りに人が集まるようになる。


ボブのおかげで、
運が向いてきたように感じたジェームズだが、
彼の薬物中毒の友人が、
金をせびりに来て・・・。





先日書いた、
高知県の「あたご劇場」さんで観たのが、
この「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」。


実話なのだそうだ。


主人公とも言える猫のボブちゃんが、
なんともまぁ、可愛くて、お利口で、
それから、
ジェームズの肩の上に、
普通に立っている姿に、
何とも言えない可笑しみがある。


ボブちゃんは、
殆どのシーンで本物のボブちゃんが演じているそうなので、
きっと人間の肩に乗るのが好きなのでしょうね。
こんな風に乗っていれば、
自分は歩かずに、
高い所から景色を楽しみながら
移動ができる。
うーん、賢い(笑)。


しかも、ボブちゃん、
サブタイトルにもあるように、
ハイタッチができる。
その仕草が人間みたいで、
すごくいい。


このボブちゃんのおかげで、
運が向いてくるジェームズだけれど、


ただ、やっぱり、ちょっと引っ掛かるのが、
彼の薬物依存。


ボブちゃんと出会ってからのジェームズは、
なんとか依存から抜け出そうと、
ヘロインを断っているのだけれど、


それ以前に、
そもそも、なぜそんな物に手を出してしまったのか。


どんな事にも、最初の1回目がある。
他の事ならともかく、
薬物だけは、
最初の1回と、
後の100回・1000回は同じ。
0回と1回の間には、
天国と地獄ほどの開きがあるというのに。


せっかくのほっこり系映画なのに、
小うるさい感想を書く女ですみません。
私だって、
胸を張れるほどの生き方はしていないのだから、
他人の事をとやかくは言えなんだけどね。
(でも薬物だけはやってない←当たり前だ(笑))


評価 ★★★☆☆

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

☆高知旅行 その3☆ [旅行]

1日目の夕方。
私はみんなと離れ、
一人、別行動をさせていただきました。


向かった先は、
映画館、「あたご劇場」。

DSCN0679.JPG

高知に行く数日前、
この昭和な映画館の事を知り、
そうなるともう、
いても立ってもいられなくて(笑)。

DSCN0682.JPG
想像以上の昭和な感じに、
胸のときめきが止まりません。

DSCN0680.JPG

DSCN0683.JPG
なんと、チケットブースはお留守。
お金を払わずに映画を観たとしても、
分からない気もするのですが、
そのような方はいないのでしょう。


DSCN0684.JPG
中に入らせていただきました。


DSCN0685.JPG
このロビー、
なんて素敵なの。



DSCN0689.JPG
少しして、
帰ってこられた映画館の方と、
色々お話しさせていただきました。

DSCN0692.JPG
こちらが開館したのは、
昭和30年。
63年もの間、
市民の皆様に、
映画を届け続けているとの事。


ここ最近の上映作品は、
「午後8時の訪問者」
「しゃぼん玉」
「パターソン」
「幼子われらに生まれ」
「エルELLE」
「女神の見えざる手」などなど。
作品選びのセンスの良さにも、驚かされてしまいます。


映画は1日1作品が繰り返し上映され、
観客は入れ替え制ではなく、
お金を払えば、
一日中いてもいいのだそうです。


ちなみに、この日の上映作品は、
「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」。
ラッキーな事に、
観たかったのに、時間が合わなかった作品です。
まさか高知県で観る事になろうとは、
思ってもいませんでした。


DSCN0686.JPG
 ↑
このオレンジ色の扉を開けると、


このような劇場が広がっています。
 ↓
DSCN0693.JPG



DSCN0694.JPG
スクリーン側から見た座席。


DSCN0698.JPG
2階もあります。


DSCN0695.JPG
2階から1階を見た景色。


あぁ、これらの写真を見直しているだけで、
嬉しくて、
自然に顔がニコニコしてしまう。
素晴らしい体験でした。


お話しをしてくださった館員さん。
本当にご親切にありがとうございました。
できれば、ずっとずっと、
この映画館を存続させていってほしいと、
心から願っています。


※写真は、許可をいただいてアップしています。




----------

初めての四国。
楽しい旅行でした。


以前、このブログで、
47都道府県で泊まった事のある県がいくつあるか、
数えた事があるのですが、
 ↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2013-09-16
これでもやっと18県。
全県制覇、できるのかなぁ(笑)。


・行った事のある県

 宮城県
 福島県
 栃木県
 千葉県
 埼玉県
 東京都
 神奈川県
 静岡県
 長野県
 愛知県
 岐阜県
 石川県
 滋賀県
 京都府
 奈良県
 和歌山県
 大阪府
 高知県


・行った事のない県

 北海道
 青森県
 岩手県
 秋田県
 山形県
 茨城県
 群馬県
 山梨県
 三重県
 新潟県
 富山県
 福井県
 兵庫県
 岡山県
 広島県
 鳥取県
 島根県
 山口県
 香川県
 愛媛県
 徳島県
 福岡県
 佐賀県
 長崎県
 大分県
 熊本県
 宮崎県
 鹿児島県
 沖縄県
 
nice!(61)  コメント(20) 
共通テーマ:映画

☆高知旅行 その2☆ [旅行]

高知旅行、二日目は、
四万十川まで足を延ばしました。


四万十川の清流を見る事は、
私の夢でもありましたので、
本当に楽しみで。

DSCN0716.JPG
川を下る船に乗りました。
こんな季節のせいか、
乗ったのは私たち4人だけ(笑)。

DSCN0719.JPG
四万十川の水はどこまでも青く、
どこまでも美しい。

DSCN0720.JPG

DSCN0724.JPG
映画などで見るより、
ずっと広く、
舳先だと、
より広さを実感できます。

DSCN0705.JPG
沈下橋。
川が増水しても、
洪水にならないようにと、
シンプルに作られた橋。

DSCN0701.JPG
こちらから向こうへ歩いて渡りましたが、
やはり欄干のない橋というのは、
ちょっと怖いです(笑)。
この橋、普通にダンプカーも通るそうです。

DSCN0706.JPG
橋からみた川。

DSCN0709.JPG
夏、水が増えると、
子供たちは、橋から川に飛び込んで
遊ぶのだそうです。

nice!(60)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

☆高知旅行 その1☆ [旅行]

2月某日。
会社の上司と上司の奥様、
同僚女性Hさん、
そして私の4人で、
1泊で高知県に旅行に行ってきました。


私は会社の皆様が大好きで、
会社に行くのが楽しくて仕方ありません。
去年の暮れだったか、
何かのきっかけで、
「旅行に行こう」という話になり、
それなら、Hさんと私の行った事がない、
四国に行こう決まり、
出発をとても楽しみにしていました。


DSCN0650.JPG

DSCN0651.JPG
桂浜。
なんて美しい浜辺。

波が高いせいで、
遊泳禁止だそうですが、
私はそれは正解だと思いました。
人が泳げば海は汚れ、
俗っぽくもなります。
この美しさを保つためには、
それくらいしていいのでは、と。


DSCN0658.JPG
上から見た桂浜。
この青さ。


高知県といえば、
多くの方が、
「はりまや橋」を思い浮かべる事と思いますが、
旅行前に調べたところ、
この「はりまや橋」は、
“日本三大ガッカリ名所“なのだとか。


どれくらいガッカリなのか、
楽しみなような、不安なような気持ちでいたのですが、

DSCN0667.JPG
見て!
この可愛い橋。
なぜこれが「ガッカリ」なのか、
私にはさっぱり分かりませんでした。
映画のセットにも使えそうな良い橋。
私はすごく好きです。



DSCN0665.JPG
はりまや橋の脇の、
お土産物屋さん。
こちらも可愛い。



DSCN0677.JPG
高知城。
天守閣まで登ったのですが、
なにせ、写真を撮る習慣がないので、
全体像だけ。


DSCN0654.JPG
坂本龍馬の銅像。
やはり竜馬は高知県のヒーローのようで、
街のあちこちに、
像や肖像画が見られます。

DSCN0663.JPG

nice!(67)  コメント(26) 
共通テーマ:映画

「女の教室」 [映画]

onnanokyoushitsu.jpg
〔1959年/日本〕


ある女子医大のインターン7人は、
入学以来の仲良し。


貧しい母子家庭で育った蝋山操(野添ひとみ)は、
早く国家試験に合格して、
母(浦辺粂子)に楽をさせてやりたいと考えている。


轟有為子(叶順子)は、
裕福な家に育ったが、
盲目の弟がいる。


7人は、揃って国家試験に合格し、
喜び合う。
操と有為子の次の目標は、
研究で学長賞を取る事。


共にトップクラスの成績である2人は、
どちらが受賞してもおかしくはなかったが、
特に操にとって、
学長賞の賞金はとても大きく・・・。





医師を目指す、
7人の女子大生の青春物。


女が7人、
しかも同じ学校で、
時にライバルにもなりうる関係、と聞くと、
揉め事や、喧嘩がありそうな気もするけど、
そのような事は一切なく、
全員が良好な関係で、
物語は進む。


それどころか、
仲間の1人の結婚が、
親から反対されていると聞くと、
6人が揃って、その子の家に押しかけ、
両親に抗議する始末。


ただ、裕福な家の子が多い中、
野添ひとみさん演じる操だけが、
少し屈折している。


みんなが、恋愛だ、遊びだと言っている時でも、
一人、黙々と勉強に励み、
空いた時間に、病院でアルバイトをする。
それもこれも、全ては、
無理して医大に行かせてくれている、
母の苦労に報いるため。


この母は、
他人に自分の子供の学費を払わせたりはせず、
「400万円は贈与だ」、などと言い張る事もせず(笑)、
自分が働いた稼ぎだけで、
操を学校に行かせている。


だから、観ているこちらは、
そんな操に、
賞金が出る学長賞とやらを、
取らせてやりたいと思うわけだけど、
まぁ、その結果は、
ここには書かない。


若い女の子が沢山いると、
それだけで、
その場が華やぐものだが、
7人の女の子たちの中で、
やはり野添さんは、
図抜けて可愛い。


スラリとしている上に、
顔も小さいので、
スタイルもとってもよく見える。


それから、
今まで私は、
叶順子さんの魅力がイマイチ分からなかったけれど、
この映画の彼女は、
とても良かった。


野添さんのライバルでありながら、
いつも彼女の事を
さり気なく考えてあげている、
優しい友達役を、
好演されていた。


自分のことばかりで、
心に余裕のない野添さんの役より、
叶さんの役の方が、
医師に向いているのかも。


評価 ★★★☆☆

nice!(65)  コメント(5) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -