So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

「ハロルドが笑う その日まで」 [映画]

haroldgawarausonohimade.jpg
〔2014年/ノルウェー〕


ノルウェーの郊外で、妻と40年も家具店を営んできた、ハロルド。
ところが、なんと店の隣に、あの「IKEA」の
北欧最大店ができてしまう。


当然、店は潰れ、
さらに妻が亡くなってしまうという、
ダブルの不幸に見舞われたハロルドは、
息子家族の家を訪ねるが、
息子の妻から、冷たくされるばかり。


こう何もかも、上手くいかないのは
全て「IKEA」のせいだと、
ハロルドは、「IKEA」の社長・イングヴァル・カンプラードを
誘拐してやろうと考える。


車でスウェーデンに入ったハロルドは、
16歳の少女・エバと知り合い、
カンプラードの家を教わる。


しかし、それが嘘だと分かり、
ガッカリして雪道に車を走らせていると、
車が故障して困っている老人がいたので、乗せてやる。
ところが、その男の顔を見て、仰天!
な、な、なんと、男は本物のカンプラードではないか!・・・





これは愉快だ。
実在する、「IKEA」の社長・イングヴァル・カンプラードを
誘拐する老人という、前代未聞の物語。
カンプラードは、これを観たんだろうか。
観たとしたら、どう思ったんだろう(笑)。


本作は、ノルウェーのアカデミー賞に当たる賞で、
2冠を受賞したという。
「実話なのか!?」という問い合わせも殺到したそうだ。
そりゃあ、誰だって混乱する。
何度も書くけど、
実在の会社、実在の社長が、
普通に映画に出てきちゃうんだから。


この映画で、
ハロルドの家の隣にオープンした家具店の名前を、
「IKEA」にした理由って何なのだろう。
「IKEA」を思い起こさせるような、
ちょっと変えた名前にだってできたはずなのに。
ある程度、「IKEA」が出資してるんだろうか。


ただ、映画の中で「IKEA」は、
ハロルドから、結構な言われようだ。


ハロルドが営んできた家具店の家具は、
質の良さが自慢で、
ハロルドもそれを誇りを思って、生きてきた。
それが、なんだ、値段ばかり安い、
あのお手軽な家具は、と、
ハロルドは、店が潰れた恨みも大きいが、
家具店の店主として、
「IKEA」の商品には我慢ならないようだ。


これって、
「IKEA」を宣伝しているのか、
貶めているのか、
私には判断しかねる(笑)。


誘拐したカンプラードと、
なんとなく心通わせてゆくハロルドだけど、
カンプラードのセリフで、


「確かに自分は、若い頃ナチスに傾倒していたさ。
けれど、それを過ちだったと認め、
謝っても謝っても、世間はすぐそれを持ち出しては、
自分を責める。
どうすりゃいいんだ」みたいな箇所が、
私には、なんだか可笑しかった。


謝っても謝っても、事ある毎に持ち出されるって、
日本だって、同じような感じじゃない?
しつこい!いい加減にしろ!
という気持ちは、ちょっと分かるなぁって。


私の個人的なクライマックスは、
ハロルドの車にカンプラードが乗り込んできた場面だけどね。


だって、「誘拐してやる!」と息巻いていたターゲットが、
向こうから飛び込んでくるって、あり?(笑)
シリアスな映画だったら、
「有り得ない」と怒る所だろうけど、
ハロルドのキャラと、
映画の雰囲気が
全てを許してしまう。


評価 ★★★☆☆

nice!(55)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「朝やけの詩」 [映画]

asayakenouta.jpg
〔1973年/日本〕


信濃高原で暮らす春子(高橋惠子)は、
頑固な父・作蔵(仲代達矢)や
弟と妹の世話をして生活している。
母親は、この貧しい暮らしに耐え切れず、
出て行ったきりだ。


平和なこの村にも、
開発の波がやって来る。
不動産会社・アポロ観光の社長・神山と
村の有力者・稲城が結託して、
ここにレジャーランドの建設するというのだ。


春子の恋人・朝夫(北大路欣也)は、
稲城に反発するが、
朝夫の本当の父は、
稲城の兄だと知らされ、愕然とする。


村には手を付けないという約束の元、
アポロ観光で働く事になった朝夫だが、
会社は約束を反古し、
測量を始める。


また、多額の金を提示された村人たちは、
浮足立ち・・・。





うーん、困った。
ここに、この映画のジャケット写真を載せるため、
画像検索したのだけれど、
出てくるのは、
関根恵子のヌードが写ったものばかり。


映画の内容は、
骨太の、社会派ドラマだというのに、
何なんだ、このギャップは。


という事で、色々検索してみたら、
やはり、当時、この映画は、
関根恵子のヌードで大変な騒ぎになったらしい。


冒頭、関根さんが野尻湖を全裸で泳ぐシーンでは、
報道陣が150人も押し寄せ、
シャッターの音は、泳いでいる関根さんにまで、
聞こえてきたとか。


さらに、環境庁から苦情が来たというのだからビックリだ。
なんでも、野尻湖は国定公園で、
そんな場所で、ヌードを撮影するとけしからん、と
いう事らしい。


映画の作り手側は、
ヌードでなく、
もっと内容を見てほしいを思っていたかもしれないけど、
でも、関根さんが○月○日に全裸で泳ぎますからと
触れ回ったのも、また、作り手側だろうしね。
極秘撮影なら、そんなに人が来るわけない。
今でいうなら、
タレントの空港芸みたいなものか。


他にも関根さんは、
どーでもいい場面でヌードになる。
何もそんな場面で、と思わなくもないけど、
まぁ、彼女は元々、割とそういう映画の多い方だし、
本人が良ければ、好きにすればいい。


あーあ、映画の内容に全く触れないまま、
ヌード一つで原稿用紙が終わっちゃったよ(笑)。


この映画について書かれた、
世間の皆様のブログも、
どれも似たり寄ったり(笑)。


つまり私も、
平凡な俗人という事だ(笑)。


ところで、ネットに落ちていたネタなので、
鵜呑みにはできないけど、
この映画、吉永小百合さん主演で、
「おお牧場はみどり」というタイトルで
作られる計画があったって、本当なのだろうか。


「おお牧場はみどり」て(笑)。
タイトルからして、
この映画ほど、骨太な内容にはならなかった気がする。
あぁ、作ってほしかったなぁ。
関根さんの方をボツにするのではなく、両方。
同じ内容でも、主演が変わるとこれほど違うものかという
味わいを比べたかった。


評価 ★★★☆☆

nice!(54)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「偉大なるマルグリット」 [映画]

idainarumarguerite.jpg
〔2015年/フランス〕


1920年。フランス。
男爵夫人のマルグリット(カトリーヌ・フロ)は、
邸宅に貴族たちを集め、音楽会を開いた。
最後に登場したマルグリットは、
自分の歌を披露するが、観客たちは唖然とする。
彼女は驚くほど、歌が下手だったのだ。


音楽会に紛れ込んでいた新聞記者・ボーモンは、
彼女の歌を絶賛する記事を書いた。
それは、マルグリットに近付くためだったが、
記事に感動した彼女は、
無邪気にボーモンを訪ね、礼を言う。


ボーモンはマルグリットに、
パリで開かれる音楽会に出演させる。
音楽会自体は失敗に終わったが、
聴衆の前で歌う歓びに目覚めるマルグリット。


彼女はパリでソロリサイタルを開く決意をし、
ボイストレーナーを雇い、
本格的なレッスンを始める。


しかし、そんな彼女に、
夫・ジョルジュは困り果てていた・・・。





先日書いた、「マダム・フローレンス!」のコメント欄で、
「このお話を何かで見た」というご意見が寄せられ、
また、劇場でも、隣の席の方が、
「前にヨーロッパの映画で、同じような話があったよね」と
話しているのも耳に入ってきていた。


そうなると俄然気になる。
ネットで調べてみる。
すると、それらしい映画が見つかった。


それがこのフランス映画、
「偉大なるマルグリット」というわけだ。
すぐレンタル店に走り、
準新作だが借りてきた。
「マダム・フローレンス!」の記憶が新しいうちに
観ておきたい。


しっかし、不思議だ。
元々、アメリカで実際にあった話を、
なぜかフランスを舞台に映画化され、
そのリメイクなんだか、
対抗してなんだか、分からないけど、
アメリカでまた映画化されるという、その順番。
アメリカにしてみたら、
「しまった!そんな美味しいネタを」ってな気持ちだったのだろうか。


ただ、私が感じた率直な気持ちを書くなら、
こちらのフランス版の方が、
感情的に理解しやすい。


というのも、
アメリカ版の主人公・フローレンスの「馬鹿みたい」な
様子に比べて、
フランス版の主人公・マルグリットは、
どこか苦しみ、悩んでいる。
それに、めちゃくちゃ孤独だ。


夫に至っては、余計にそう思う。
フランス版の夫は、
音痴なマルグリットを持て余し、
困り果て、苦り切っている。
彼女が歌う姿を見たくなくて、
車が故障したかのように手を汚し、
わざと遅れて帰ったりする。


何も私は、
しんねりむっつりこそ高級だ、
ノー天気なハリウッド映画は低俗だ、
なーんて事を言いたいわけではない。
ハリウッドの「馬鹿みたい」な映画に救われる事の方が
多いくらいだし。


ただ、この話に限っていえば、
アメリカ版の方は、どこか無理がある気がしてならなかったから、
こちらを観て、やっと納得した感じ。


ラストも、おフランス版は、
残酷・・・
・・・に、私には感じられたんだけど、
どうなんだろう。


評価 ★★★☆☆

nice!(66)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」 [映画]

koisuturinne.jpg
〔2007年/インド〕


ムンバイの脇役専門俳優・オーム(シャー・ルク・カーン)は、
人気女優・シャンティ(ディーピカー・パードゥコーン)が大好き。
なんとか彼女に近付きたいと願ううちに、
あるきっかけから、友達づきあいができるまでになる。


ところがある日、オームは、
シャンティと、
売れっ子プロデューサー・ムケーシュ(アルジュン・ラームパール)が
秘かに結婚している事を知り、大ショック。
しかも彼女は、妊娠しているらしい。


実は、ムケーシュは、更なる成功を夢見て、
シャンティを疎ましく思っていた。
ある日、映画のセットにシャンティを呼び出したムケーシュは、
火を放ち、彼女を焼き殺してしてしまう。
そして、それを助けようとしたオームも死ぬ。


しかしオームは、死んだ瞬間、
同じ病院で、赤ちゃんとして生まれ変わり、同じオームと名付けられる。
30年後、彼は大スターとなるが、
自分に起こるフラッシュバックを不思議に思っていた。
体験した事のない景色が、
何度も頭の中に浮かぶのだ。


ムケーシュに会った彼は、
ハッキリと前世の記憶を取り戻した。
ムケーシュがシャンティを殺したのだ・・・。
その日から、オームの復讐が始まる・・・。





相変わらずのインド映画。
復讐劇でありながら、
皆が集団で歌って踊る(笑)。


インド映画は大抵長いけれど、
これも170分もある。
歌って踊る場面を削ったら、
もっとずっと短くなると思うんだけど(笑)、
でも、やっぱりそれじゃつまらないし、物足りない。


この映画のテーマは輪廻転生という、
これまた、インドらしい内容。
人は死んでも生まれ変わる。
そして、悪人には制裁を・・・
観ていて痛快。


インドは最近、
女性に対する酷い暴力が連日のようにニュースになり、
昔の神秘的なイメージはすっかりなくなってしまった。
以前は行ってみたい国だったのに、
今は、絶対行きたくない国にまでなってしまっている。


インド人には、私たちが持っている倫理観など
ないのだろうか、
精神構造が違う?などと思い始めていたのだけれど、
この勧善懲悪な内容を観ると、
決してそのような事はなく、
悪人は決して許さないという、
私たちと全く同じ感性なのが分かる。


ではなぜ、あのような事件が起こるのか。
まぁ、悪い事をするのはほんの一部の人間で、
殆どの真っ当なインド人の方々は、
事件を苦々しく思っているのだろうと思いたい。
そうだ、きっとそうなんだ。


クライマックスは、ちょっとホラータッチで、
そこがまた面白い。
シャンティの無念な思いが伝わってきて、
ちょっと日本の怪談みたい。


シャンティを演じるディーピカー・パードゥコーンが
とっても綺麗。
世界には、知らないだけでこういった美しい女優さんが
沢山いるんでしょうな。


評価 ★★★★☆

nice!(66)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「地底の歌」 [映画]

chiteinouta.jpg
〔1956年/日本〕


錦糸町の駅前を歩く3人の女子高生、
トキ子、
花子、
松江。
彼女たちは、彫り物師の所へ、
入れ墨を入れる様子を見学に行くつもりなのだ。


そこへ現れたのが、通称“ダイヤモンドの冬”(石原裕次郎)。
冬はヤクザの組・吉田一家の構成員で、
これから施術を受けると言う。
トキ子と松江は、
冬のあまりの痛がりように、
その場を離れるが、
花子だけは逃げ出さず、
それがきっかけで、冬と懇意になる。


トキ子の父は、
冬の組と対立する伊豆一家の親分で、
彼女は、父の舎弟・鶴田(名和宏)に惚れている。


ある日、花子は、
吉田一家の三下・鉄に騙され、
飲み屋に売られてしまう。


また、鶴田は、
冬の姉で、
賭場のイカサマ師の情婦をしている、
辰子を愛するようになるが・・・。





タイトルだけ見ると、
「地底探検」や「センター・オブ・ジ・アース」みたいなSF?と
勘違いしそうだけど、
SFの要素は全く無い、ヤクザ映画。


といっても、
原作が平林たい子なので、
女性が描くヤクザといった感じで、
私でも取っ付き易い。


まず、出だしがいい。


女子高生が3人、
ヤクザが入れ墨を入れる様子を見学するなど、
正直、ちょっと羨ましいような始まり。


私も、機会があったら、
誰かが入れ墨を入れている様子を見てみたい、などと考えながら、
そのシーンを眺めていた。
おそらく、そのような体験は、
一生できない気がして。


この、物見高い性格は
一生変わらない気がするけど(笑)。


美人局をするために、
ヤクザの三下に付いていってしまう花子の行動が
危なっかしくて見ていられない。
案の定、彼女は、
騙すつもりが騙されて、
行方知れずになってしまう。
素人の女子高生が、
そんな簡単に美人局なんてできるもんじゃないって。


鶴田と辰子の関係が切ない。
辰子はイカサマ師と組んで、
賭博で他人の金を巻き上げる仕事をしているけれど、
根っからの悪女ではないし、
鶴田の事を愛し始めている。
色々考えさせられる。


裕次郎さんが主役かと思ったけど、
それほど出番は多くない。
彼にとっては4作目の映画。
まだ新人扱いだったのだろう。


評価 ★★★☆☆

nice!(51)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -