So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

「乱れからくり」 [映画]

midarekarakuri.jpg
〔1979年/日本〕


大学を中退し、
ブラブラしていた勝敏夫(松田優作)は、
宇内舞子(野際陽子)が経営する探偵社に就職し、
早速仕事に取り掛かる。


それは、玩具メーカー「鶴寿堂」の社長・馬割鉄馬(岸田森)からの依頼で、
会社乗っ取り工作の不穏な動きを
調査してほしいというものだった。


鉄馬の息子で営業部長の宗児(峰岸徹)と、
鉄馬の甥で製作部長の朋浩(沖雅也)は
犬猿の仲で、
敏夫は、まず朋浩の車の尾行から始める。


すると、途中で車が炎上、
朋浩は全身火傷で死に、
朋浩の妻・真棹(篠ひろ子)だけが、
何とか助け出されるが・・・。





映画自体は、
まぁ、それなりといった感じだったけれど、
ある場面で、
私の心は「おぉ!」と叫び声を上げていた(笑)。


それは、松田優作演じる探偵が、
馬割家の広大な庭の中心にあるという、
直径1メートルくらいの平らな五角形の石を、
ある方法で開けた時。


石は、鍾乳洞の入り口の蓋の役目を果たしていたのだけれど、
その、蓋を開けた時の印象は、
まるで井戸を蓋を開けた時と同じ!


あー、なんとも胸ときめく(笑)。
地面に、何らかの蓋状のものがあって、
それを横にずらして(横というのが重要なのかも(笑))、
中を覗くと、
何か恐ろしい世界が開けている・・・。
いいわいいわ♪


一部のブロガーさんの間で、
私の事は、
「井戸の女=貞子」
のイメージが定着しているようだけれど、
もうこれで否定できなくなった感じ。
もう、貞子でもなんでも、好きに呼んでくれってんで(笑)


馬割鉄馬の役を岸田森さんが演じているのだけれど、
やっぱり私は、岸田さんのお顔って、
ハッキリ分からない。
この鉄馬にしても、
体調の悪い老人、
なのにエロ爺さん、という役で、
白髪のかつらで扮装しているものだから、
素の顔は不明(笑)。


一つ、めちゃくちゃ気になった事。
途中で殺された峰岸徹さん、
死んでいるというのに、
その腹が、上下に動いていて、
生きているのがハッキリわかる気がするのだけれど・・・。
てっきり私は、
実は彼は生きていて、
誰かに襲い掛かる、という設定なのかと思ったほどで、
でも、最後までそのような事はなかった(笑)。


映画などで、遺体を見る度に、
「この俳優さんは今、何とか動かないように頑張ってるんだろうな」と
私の方が息苦しくなる事が多いけれど、
峰岸さんは、細かい事は気にしない方のようだ(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(67)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「シング・ストリート 未来へのうた」 [映画]

singstreet.jpg
〔2015年/アイルランド〕


1985年、ダブリン。
父親が失業し、
荒れた公立中学に転校せざるを得なくなった、
14歳のコナー(フェルディア・ウォルシュ・ピーロ)。


コナーの楽しみは、、
大好きな兄・ブレンダン(ジャック・レイナー)と、
音楽番組を見る事。


ある日、コナーは、
街で見かけた1歳年上の少女・ラフィナの美しさに
魅せられ、
「自分のバンドのPVに出演してほしい」と
言ってしまう。


実際にはバンドなど組んでいない彼は、
慌てて仲間を探し、
にわかグループを結成するのだが、
これが全ての始まりだった・・・。





何の映画を観ようかなーと、
出先で迷っていたところに、
ちょうどいい時間がこの映画だったうえに、
大変に評判がいい事を思い出して、チケットを買った。


想像以上の面白さ。
スクリーンを見つめながら、
顔が笑ってしまう。
なんてなんて素敵。


まず、コナーが兄と一緒にMTVを見ている時に
流れるのが
デュランデュランの「RIO」!
嬉しくて、
足をバタつかせたいのを、こらえるのに必死(笑)


兄は、
「デュランのジョン・テイラーは、イギリス1のベーシスト」
みたいなことを言う。
「んな馬鹿な!(笑)」と思う自分と、
「同感同感同感!!」と思う自分の両方がいて、
笑えて仕方ない。


他にも、
ホール&オーツ、
ザ・キュアー
ザ・ジャム
モーターヘッドなどの曲が流れる他、
a-ha、ジェネシスなどの名前が、
セリフに出てくる。
(ジェネシスなんて聞いてる男がモテるわけないとか、大笑い)
スパンダーバレエのPVもチラっと画面に映る。


余談だけど、
スパンダーバレエは、
ルックス的には好みじゃなかったし、
デュランの陰に隠れてはいたけど、
実は素晴らしいバンドだと思う。
彼らのアルバム「パレード」は
1000回聞いても飽きない。


音楽だけじゃなくて、
映画そのものにも心を掴まれる。


登場した時、
とってもダサかったコナーが、
バンドを始めて成長してゆくにつれ、
どんどんスタイリッシュでカッコよくなってゆく過程に
目を見張ってしまう。


彼はある日学校に、
デュランのニック・ローズばりの化粧をしてゆく。
男の子でもメイクをすると
これほど綺麗になるのかと思うくらい可愛いかった。


彼が恋するラフィナもいい。


最初は蓮っ葉な女の子だと思っていた彼女が、
意外とそうでもなくて、
なんだかホッとする。


彼女はコナーのバンドのPV撮影で、
「本気でやらなければ、いい作品は撮れない」と、
服のまま、防波堤から海に飛び込んでくれる。
予定外の彼女の行動に驚いて、
感激したコナーは、
思わずキスを。
そんな時はもう、理屈じゃない。
コナーの気持ちを知っているこちらにしたら、
「お、やったじゃん」って(笑)。
いい場面だった。


それから、
これって、
「小さな恋のメロディ」の2人が
少し大きくなった版ではないか、と感じた。


体制への反抗、
デートの場所、
そしてラスト。


そこかしこに、「小さな恋のメロディ」に
インスパイアされたような場面がある。
本当にそうなのか、
たまたまなのかは分からないけれど。


評価 ★★★★☆

nice!(67)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

こち亀一色の夕刻 [できごと]

先日、日本橋高島屋で開催されている
「こち亀展」に行ったことを書きましたが、
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2016-09-18

昨日は、何か大変な事になっているらしいと噂の亀有駅に、
友人と2人で行ってきました。

image37.JPG

亀有駅に到着して、
エスカレーターに乗った途端に早速、
「おぉ!!!」と大興奮。
手すりがこち亀仕様になっているじゃありませんか。

image23.JPG

ホームへ上がる階段も、

image32.JPG

階段の壁も、

image33.JPG

image31.JPG


階段を下り切ったスペースも、

image34.JPG

image35.JPG


そして改札前の階段も、

image28.JPG

image29.JPG

とにかく、こち亀だらけ。
そして、それを写真に撮っている方、多数。
友人と私も、
いい年して、きゃーきゃー言いながら、
写真撮りまくり(笑)。


そして圧巻は、
改札を出たところの床。


1巻から200巻までの、
全てのこち亀のコミックスの表紙が、
足元に!


image24.JPG

image38.JPG


凄い!凄い!凄すぎです!
どの表紙を見ても、
知らない物はなく、
ページを開くと両ちゃんが暴れている様子まで
目に浮かびます。


心ゆくまで写真を撮ったあと、


商店街にある、
秋本治先生のお知り合いが経営されているという
メンチカツ屋さんへ。

image22.JPG

image40.JPG


私は、梅しそメンチカツ丼を、
そして友人は亀有メンチカツ丼を食べました。
とても美味しかったです。

image21.JPG


こち亀一色の夕刻。
本当に嬉しく、楽しく、
素晴らしい時間を過ごす事ができました。


「こち亀」の終了にあたり、
亀有駅をこんな風に装飾してくださった、
関係者の皆様には、
ファンの一人として、心からの感謝の気持ちでいっぱいです。
連載が終わってしまうのは淋しいですが、
両ちゃんはいつでも、
手を伸ばせば、そこにいてくれています。
これからもずっと、元気をもらっていきたいと思っています。

nice!(77)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「だれかの木琴」 [映画]

darekanomokkin.jpg
〔2016年/日本〕


24歳の美容師・山田海斗(池松壮亮)は、
ある日、初めての客・親海小夜子(常盤貴子)の髪を切る。
その夜、海斗が営業メールを送信すると、
彼女から返信が来る。


小夜子は、海斗との会話のヒントから、
彼のアパートを探し出し、
苺をドアノブに掛け、
ついには彼の休日にチャイムを押し、
家に上がり込む。


さらに、海斗の恋人・唯(佐津川愛美)の働く
ドレスショップにやって来て、
5万円以上もするドレスを購入する。


常軌を逸した小夜子の行動に、
海斗は戸惑い、
唯は怒り狂うのだが・・・。





観たかったの、これ(笑)。
大好きな池松壮亮君に、
大好きな常盤貴子さんがストーカーするって、
一体どんな雰囲気なんだろう、って。


でも、思っていたよりソフトだった。
何となく想像では、
常盤さんのストーカーっぷりは、
もっともっと背筋も凍るようなものなのかと
思っていたから。


常盤さんは、
ストーカーというより、変。
変というのが悪いなら、世間知らず。
美容師の池松君の営業メールに返信しちゃって、
「珍しい人だね」と店で噂されたり、
今まで、ケータイで写真を撮った事も、
写メというものを送った事もなくて、
だから、
新しく買ったベッドの写真を池松君に送信しちゃったり。


そんな事をしたら、
そりゃあ、池松君の恋人は怒るよ。
「ベッドの写真て、それはあなたを誘ってるのよっ!」って。


池松君にとって、
常盤さんは、
母親といっていいくらい年上なわけだけど、
池松君の恋人にしてみたら、
常盤さんの年齢がいくつかなんて関係ないのよね。
彼が、変な女に、
ビジネスを離れた所でロックオンされちゃってるって事実が、
気持ち悪くて、許せないって。


恋人の気持ち、分かるなぁ・・・と思いながら観ていたけど、
それって、私が女だからってわけじゃない気がする。
男の子だって、自分の恋人が中年男性にロックオンされたら、
やっぱり嫌なんじゃないかなぁ。


常盤さんが、
池松君の恋人のドレスショップで、
ドレスを買った場面はちょっと笑った。


そのショップは、
「BABY,THE STARS SHINE BRIGHT」という
ロリータファッションのブランドで、
(画像検索すれば、どんなものか分かります)
常盤さんがめちゃくちゃ綺麗なのは分かるけど、
あのドレスを着るのは、
さすがに有り得ないというか、
頭のおかしい人に見えてしまうのがハッキリ分かって。


「試着しますか?」と言われてもせずに、
買っていった常盤さん。
どこかのサイトで、
「着て見せてほしかったけど、事務所NGだったのか?」と
書かれている方がいて、
私も、「確かにね」と思った次第。


常盤さんの行動は、
警察に通報するというレベルに行く前に終わる。
ま、こんなもんかって感じだった(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(50)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ブルークリスマス」 [映画]

blueXmas.jpg
〔1978年/日本〕


1978年。
国際科学会議の席で、UFOの存在を語った
兵藤教授(岡田英次)が何者かに連れ去られ、
国営放送「JCB」の職員・南(仲代達矢)は、
その調査を命じられる。


南は、友人・木所(岡田裕介)から、
木所の恋人で新人女優の夕子の血液が青いと
相談されるが、
一笑に付す。
そして、その事をJCBの局長・五代(小沢栄太郎)に話す。


一方、国防省の沖(勝野洋)は、
現在、世界中に出現している血液の青い人間は
抹殺の対象だと知らされる。
ところが、恋に落ちた女・冴子(竹下景子)の血液が青いと知り、
苦悩する。


クリスマスの夜。
冴子は沖を待っている。
生まれて初めて、恋人と過ごすクリスマス。
ケーキにご馳走、
キャンドルに火を灯し・・・。





こんな粗筋しか書けない自分が嫌になるが、
本当はもっともっと深く、
様々な出来事がある、
色々、考えさせられる映画。


ジャンルは、SFという事になるのだろうか。
「血液の青い人間」が、
世界各国に現れる。
どうやら、彼らがそうなったのは、
UFOを目撃して以降らしい。
しかし、宇宙人は出てこない。
UFOも、ハッキリとは映らない。


そして世界は、「血液の青い人間」の
抹殺に動き出す。
日本は、
国民全員の血液検査をし、
血が青かった者は、シベリアに送られ、
その後は番号でしか呼ばれず、
人体実験をやロボトミー手術を施す。


それはナチスドイツにおける、
ユダヤ人の扱いを彷彿とさせ、
空恐ろしいような気持ちになる。
人は、理解の出来ないもの、
自分と違うものを
決して受け入れようとはしない。


竹下景子が、
「血液が青くなった時から、
 嫉妬したり、
 イライラしたり
 人を憎む気持ちが、
 嘘のように無くなった」
と告白する。


なんて羨ましい。
そんなどす黒い感情が心の中から消え去るなら、
私も青い血液になりたい。
それは、青い血液の人間が、
赤い人間より一歩進化した、
高潔な気質になった証拠ではないか。
そのような「新人類」を敵と見なし、
排除しようとする、
人間の浅はかさ、早計さ。


この映画は、
SFと一言で片づけられない、
重厚な意味を含んでいると思う。
公開当時、殆どヒットしなかったらしい。
勿体ない事だ。


評価 ★★★★☆

nice!(61)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -