So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

「愛河」 [映画]

aiga.jpg
〔1958年/日本〕


デパートのネクタイ売り場に勤務する三三子(若尾文子)。
恋人・保夫(川口浩)の就職も決まり、
結婚話が出てくる。


しかし、
保夫から体を求められた三三子は、
結婚までは純潔を守りたいと、
頑なに拒否をしたせいで、
保夫から別れを告げられてしまう。


三三子は悩み、
それを親友の新子(叶順子)に相談すると、
新子は、
「三三子の考えは古い。自分は恋人の明(田宮二郎)を
 愛しているから、すでに関係している」と言う。


そんな折も折、
三三子の兄・剛一(川崎敬三)が、
見合い話を持ってくる。
保夫を忘れられない三三子は悩む。


一方、
保夫も苦しんでいた。
三三子の事で自棄になった彼は、
バーのマダムに誘惑され・・・。





邦画・洋画を問わず、
古い作品を観ていると、
若いカップルが一線を越えるか越えないかで、
揉めるシーンがよくある。


当時の倫理観が偲ばれて、
面白いと思うのだけれど、
どうしても今の感覚で観てしまうので、


あまり頑なすぎるのもどうなのよ、
などと、
普段大抵の事は、女性の側に付く私も、
こればかりは、男性の味方になってしまう(笑)。


無理矢理は、絶対駄目だけど、
あんなに仲良しなのに、
なんでそこだけ・・・って、
何か不自然な気がして。


いや、特にこの映画の場合、
相手が川口浩様だからかもしれない(笑)。
浩様があんなに苦しんでいるのに、
若尾さんったら、って。


当たり前の事だけど、
ここのところ、
世間を騒がせている、
政治家のキモいセクハラ問題とは、
全然違う。
・・・という事だけは明確にしておきたい。


浩様は、若尾さんから
手ひどく拒否されたものだから、
ショックのあまり、
バーのママの誘惑に乗っちゃって、
そしたら、
ママのパトロンに見つかっちゃって、
ヤクザの事務所に!


若い男女の貞操問題が、
拷問騒ぎにまで発展!
すごい流れだわ(笑)。


田宮二郎さんが、
叶順子さんの恋人役で出てくるんだけど、
叶順子さんが妊娠したと分かった途端、
なんとポイ捨て。


酷い男だけど、
やっぱりこの人は、
こういう役が似合うなぁと思ったのも事実。


評価 ★★★☆☆





この作品で、
若尾文子さんの出演映画、160本中117本を観た事となりました。


(★は観た作品)


★春の雪 (2005)
★竹取物語 (1987)
★ある映画監督の生涯 溝口健二の記録 (1975)
 幻の殺意 (1971)
★男はつらいよ 純情篇 (1971)
★スパルタ教育 くたばれ親父 (1970)
 座頭市と用心棒 (1970)
★天狗党 (1969)
★千羽鶴 (1969)
★濡れた二人 (1968)
★積木の箱 (1968)
★不信のとき (1968)
★鉄砲伝来記 (1968)
★華岡青洲の妻 (1967)
★砂糖菓子が壊れるとき (1967)
★妻二人 (1967)
★夜の罠 (1967)
★雪の喪章 (1967)
 処女受胎 (1966)
★赤い天使 (1966)
★雁 (1966)
★氷点 (1966)
★処女が見た (1966)
★刺青 (1966)
★妻の日の愛のかたみに (1965)
★不倫 (1965)
★清作の妻 (1965)
★帯をとく夏子 (1965)
 女めくら物語 (1965)
★波影 (1965)
★花実のない森 (1965)
 幸せなら手をたたこう (1964)
 悶え (1964)
★卍(まんじ) (1964)
★獣の戯れ (1964)
★傷だらけの山河 (1964)
★「女の小箱」より 夫が見た (1964)
★温泉女医 (1964)
★新・忍びの者 (1963)
★越前竹人形 (1963)
 女が愛して憎むとき (1963)
★わたしを深く埋めて (1963)
★女系家族 (1963)
 八月生れの女 (1963)
★雪之丞変化 (1963)
★しとやかな獣 (1962)
★秦・始皇帝 (1962)
★瘋癲老人日記 (1962)
★その夜は忘れない (1962)
★やっちゃ場の女 (1962)
★仲よし音頭 日本一だよ (1962)
★閉店時間 (1962)
★爛(ただれ) (1962)
★雁の寺 (1962)
★家庭の事情 (1962)
★妻は告白する (1961)
★新源氏物語 (1961)
★銀座のぼんぼん (1961)
★女は二度生まれる (1961)
★女の勲章 (1961)
★東京おにぎり娘 (1961)
★好色一代男 (1961)
★お嬢さん (1961)
★婚期 (1961)
★花くらべ狸道中 (1961)
★銀座っ子物語 (1961)
 素敵な野郎(1961)
 鎮花祭 (1960)
★偽大学生 (1960)
★安珍と清姫 (1960)
★勝利と敗北 (1960)
★ぼんち (1960)
★からっ風野郎 (1960)
★女は抵抗する (1960)
★女経(じょきょう) (1960)
★初春狸御殿 (1959)
★浮草 (1959)
 実は熟したり (1959)
★美貌に罪あり (1959)
 花の大障碍 (1959)
 次郎長富士 (1959)
★氾濫 (1959)
★山田長政 王者の剣 (1959)
★薔薇の木にバラの花咲く (1959)
★最高殊勲夫人 (1959)
★あなたと私の合言葉 さようなら、今日は (1959)
 新婚七つの楽しみ(1959)
★母(1958)
★娘の冒険 (1958)
★夜の素顔 (1958)
 嵐の講道館(1958)
★一粒の麦 (1958)
★息子の結婚 (1958)
★口笛を吹く渡り鳥 (1958)
★愛河 (1958)
★忠臣蔵 (1958)
 螢火 (1958)
★東京の瞳 (1958)
 妻こそわが命(1958)
★青空娘 (1957)
★夕凪 (1957)
★誘惑からの脱出 (1957)
★永すぎた春 (1957)
★朱雀門 (1957)
★慕情の河 (1957)
 続銀河の都 (1957)
★スタジオはてんやわんや (1957)
 銀河の都 (1957)
 君を愛す (1956)
★四十八歳の抵抗 (1956)
★日本橋 (1956)
★涙 (1956)
 スタジオは大騒ぎ (1956)
 あさ潮ゆう潮 (1956)
★滝の白糸 (1956)
★処刑の部屋 (1956)
★新婚日記 恥ずかしい夢(1956)
★新婚日記 嬉しい朝(1956)
★赤線地帯 (1956)
★虹いくたび (1956)
★新妻の寝ごと (1956)
★花嫁のため息 (1956)
 薔薇の絋道館 (1956)
★弾痕街 (1955)
 七人の兄いもうと (1955)
★珠はくだけず (1955)
★長崎の夜 (1955)
★幻の馬 (1955)
 娘の縁談 (1955)
★薔薇いくたびか (1955)
★月に飛ぶ雁 (1955)
 幸福を配達する娘 (1955)
★螢の光 (1955)
 勝敗(1954)
 荒城の月 (1954)
★月よりの使者 (1954)
 緑の仲間 (1954)
★浅草の夜 (1954)
 慕情 (1954)
★舞妓物語 (1954)
★酔いどれ二刀流 (1954)
★或る女 (1954)
★心の日月 (1954)
 十代の誘惑 (1953)
 無法者 (1953)
 続続十代の性典 (1953)
 春雪の門 (1953)
★祇園囃子 (1953)
 続十代の性典 (1953)
 チャタレー夫人は日本にもいた (1953)
 怒れ三平 (1953)
★十代の性典 (1953)
 総理大臣と女カメラマン 彼女の特ダネ (1952)
 街の小天狗 (1952)
 秘密 (1952)
 明日は日曜日 (1952)
 花嫁花婿チャンバラ節(1952)
★母子鶴 (1952)
 猛獣使いの少女 (1952)
★死の街を脱れて (1952)

nice!(24)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

シャンシャン。2回目。 [できごと]

先月、上野動物園にシャンシャンを見に行った事を書いたのですが、
 ↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2018-03-22
お昼寝してる様子は見られたので、
今度は、動いている姿を見てみたいと、
もう一度、行ってみる事にしました。


列に並んでいると、
係のお兄さんから
「今、シャンシャンは起きています」と
説明があり、
いやでも期待が高まるってもんです。


パンダ舎の前に行くと、
おぉ!
シャンシャン!
屋外の遊び場で、
トコトコ動き回っています。

panda4.jpg


なんてなんて可愛いの。

panda5.jpg


木に近付いたと思ったら、

IMG_3856.JPG

登り始めました。

panda1.jpg


たまりません。
何をしても可愛い。
神様はなぜ、
こんな愛らしい動物を作られたのでしょう。

panda2.jpg



隣のパンダ舎では、
父親のリーリーが、
一人でのんきに笹を食べていました。
さすがの貫禄。
女房子供の事など、頭にないようです(笑)。

panda3.JPG

nice!(63)  コメント(14) 
共通テーマ:映画

「モリーズ・ゲーム」 [映画]

mollysgame.jpg
〔2017年/アメリカ〕

幼い頃から、
父親からモーグルの特訓を受けていた
モリー・ブルーム(ジェシカ・チャステイン)は
ソルトレイクシティオリンピックの
代表選考会で、大怪我をしてしまい、
選手生命を絶たれる。


ロスに行き、
クラブで働き始めたモリーは、
そこで知り合った不動産会社を営むのディーンから
ポーカーゲームのアシスタントを
頼まれる。


ポーカーはど素人のモリーだったが、
そのコツを掴み、
あっと言う間に、テクニックを磨いてゆく。


それを快く思わないディーンは、
モリーを解雇するが、
モリーは自らが、
ポーカーゲームの経営に乗り出し、
大成功する。


しかし、FBIに目を付けられた彼女は・・・。





試写会で観た。


モリー・ブルームといえば、
アメリカでは、知らない人がいないらしい。


凄いなぁ、
こういう人っているんだなぁ、
というのが、
最初の感想。


だって、彼女は、
大学は主席で卒業、
オリンピック級のスキーヤーでもあり、
ポーカーを覚えれば、
大変な凄腕、
経営者としても大成功って、
なにもかもがパーフェクトじゃないか。


それに、
おそらく人間としても、
大変に魅力的なのだろう。
そうでなければ、
彼女のサロンに、
それだけの人が集まるわけがない。


それにしても、
やっぱり、
「秘密クラブ」ってあるのね(笑)。


モリーの経営するポーカーサロンは、
賭け金最低でも1万ドル、
顧客はセレブばかり。
プリオや、ベン・アフレックや、トビー・マグワイアも
名を連ねていたらしい。


いいなぁ、
一度だけでいいから、
そのような場に行ってみたいけど、
モリーの招待状がなければ、
覗くこともできなかったそうだ。


そりゃあ当然か。
私みたいなミーハーが
そんな所で、
キャーキャー騒いだりしたら、
「秘密」でもなんでもない、
ただのゲームセンターになってしまう。


モリーは、
そんな派手な世界にいたけれど、
実際の彼女は、
真面目で堅実な人のように思える。


ポーカーのアシスタントになったのも、
最初は頼まれただけで、
特別野心があったわけでもないし。


つまり、最初からギラギラして、
狙っていかなくたって、
出来る人は、
何をしても出来るって事だわね。


評価 ★★★☆☆

nice!(53)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

「ロンドン、人生はじめます」 [映画]

londonjinseihajimemasu.jpg
〔2017年/イギリス〕


ロンドン郊外の高級マンションで暮らす
70代のエミリー(ダイアン・キートン)は、
1年前に夫を亡くしたばかり。


老後のお金の心配や、
老朽化したマンション、
面倒くさい近所づきあいなどで、
問題山積。


そんなある日、エミリーは、
双眼鏡の中に、
森で暮らす巨漢の男・ドナルド(ブレンダン・グリーソン)を見つける。


彼は、手作りの小屋で、
17年間もここで暮らしていたが、
不動産開発業者から、
立ち退きを迫られていた。


会話をするようになった2人は、
次第に接近し、
恋愛関係になるのだが・・・。





試写会で観た。


上映前に、
漫画「テルマエ・ロマエ」などの原作で知られる、
ヤマザキマリさんのトークショーがあった。

londonjinseihajimemasu2.jpg

とてもハキハキとされていて、
お話しも、とても面白い。
女性は、若さだけが全てではない。
年を重ねたからこそ、出てくる魅力もあると仰られ、
そうだそうだー、と肯いてしまう(笑)。


ヤマザキさんのお母さまは、
「何とかなる」が口癖だったそうで、
そんな教育のおかげか、
何事にも物怖じしない人生を送ってこられたとか。
臆病な私には、羨ましいお話でした。


映画は、様々なしがらみの中で生きているダイアン・キートンが、
全くしがらみのない、
同世代のブレンダン・グリーソンと出会い、
人生を振り返り、
最も居心地のいい場所を探す、という物語。


年齢を重ねれば、
できない事も増えてくるけど、
でも、できる範囲の事を精一杯、
そして、残り少ない人生、
上っ面な人間関係はできれば断ち切って、
自分がいかに快適に過ごせるか、だけを
考えて生きていくのが理想なんだなぁ、と思わされる。


ダイアン・キートンは、相変わらず素敵。
72歳かぁ。
私も年を重ねたら、
あんな風になりたいものだ。


この映画の邦題って、
3年前の映画、
「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」の
 ↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2016-02-18
ダイアン・キートン繋がりで、
日本の映画会社が付けたんだろうか。


「都市名」 + 「〇〇します」なら、
いつか、
ダイアン・キートン主演、
「トーキョー 下町散歩します」とかのタイトルで、
映画を作ってくれたら面白いのだけれど。


評価 ★★★☆☆

nice!(57)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

「レッド・スパロー」 [映画]

redsparrow.jpg
〔2018年/アメリカ〕


世界的バレリーナ・ドミニカ(ジェニファー・ローレンス)は、
舞台での事故が原因で、
再起不能となってしまう。


生きるため、
そして病気の母のために、
彼女はロシア政府の諜報員になる事を決意する。


スパイの養成所に送られたドミニカは、
そこで、
過酷な訓練を受ける。


優秀な成績を残した彼女は、
その能力を買われ、
ロシア情報庁の内部にいると思われる、
アメリカの二重スパイを探し出す任務に就くが・・・。





3月29日にオープンした、
東京ミッドタウン日比谷。

IMG_3735.JPG


ここの4階と地下にTOHOシネマズ日比谷が入るのは、
以前から話題になっており、
とても楽しみにしていたので、
先日、早速行ってみました。

IMG_3738.JPG

TOHOシネマズさんたら、
この間は、上野にオープンしたばかりなのに、
 ↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2017-11-10
今度は日比谷。
さらに2020年には池袋でもオープンする予定だとか。
めっちゃ頑張ってますね。


劇場の選択肢が増えるのはとても嬉しい。
一つ、欲を言うなら、
「午前十時の映画祭」のような企画で、
未ソフト化の映画(例えば、「泥棒貴族」のような)
を上映してくださったら、
さらに嬉しいのですが。
(※たった今、念のため調べましたら、
  「泥棒貴族」は今年の2月19日に、
  「復刻シネマライブラリー」という販売元さんから、
   DVDとブルーレイが発売されたようです。
   ぜひ観たいです)


で、この、「レッド・スパロー」。


なんだか最近、
私の中で、なぜか、
ジェニファー・ローレンス指数が高く、
本作、
「マザー!」、
「セリーナ」と、
立て続けに観ている。


そんなジェニファーが、
バレリーナから、いきなりスパイに転職するのも
面白いけど、
訓練を受ける学校というのが、
もっと面白い。


なんと、その学校で教わるのは、
色仕掛けで異性を騙して、
情報を得る、というもの。


いつも思うんだけど、
女がいくらハニートラップを仕掛けても、
男が乗ってこなかったら、
一体どうなるの?(笑)。
もし私がスパイになったら、
釣れない率100%じゃん。
勉強が無駄じゃん(笑)。


それから、拷問の場面多数で、
軽く目をつむってしまう。


一番強烈だったのは、
ピーラー型の医療器具で、
人間の皮をむくって拷問。


電動のこの器具は、
火傷をした患者さんなどに使うらしいんだけど、
正しい使い方をすれば、
素晴らしい医療器具なんでしょうけど、
麻酔もなしで、
拷問に使われたら・・・
想像するだけで怖ろしい。


まぁ、私は、
絶対スパイにはなれないってのが、
最大の感想(笑)。

IMG_3739.JPG

映画を観て外に出ると、もう日が暮れていました。
夜はまた、雰囲気も変わります。


評価 ★★★☆☆

nice!(65)  コメント(2) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -